大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパで最初にして最大の壁、地蔵!その原因と対策を考える。

2018/08/22
 

地蔵とは?

声掛けしたい女性がいるのに心理的な重圧から声掛けできない事象です。


私は初めてナンパをしようと銀座に行きましたが、
土日×2週間分=4日間、5時間/日の合計=20時間街にいましたが、
1人も声掛けすることができませんでした涙

1年以上やっていても地蔵に時々陥るナンパ師いますし、どんな凄腕ナンパ師も元々は地蔵からのスタートです。

なぜ地蔵になるのか?またどうやったら克服できるのか見てまいりましょう!

地蔵の原因

地蔵の原因は下記3点に集約されます。

1つ1つ見てまいります。

後ろめたさ

一般的にナンパ=迷惑行為です。

例えば、他人が落し物をしていた場合、声を掛けて落し物を渡す・指摘することは誰にでもできると思います。

しかし、ナンパの場合、「相手に迷惑なのでは?」という良心から声掛けすることができません。

自ら進んで見ず知らずの人に迷惑行為をしようとする人間はほとんどいないからです。

傷つきたくない

日常生活では仕事を除けば、無視されることや罵声を浴びることはほぼ皆無だと思います。
(上司の叱責、顧客のクレームは除く)

それがナンパになると日常的に無視を経験しますし、時折罵声も浴びます。

最初のうちは心理的な負担はとても大きいため、地蔵していまうものと考えられます。

また合流しているナンパ師でも【ブス~普通】なら声掛けできますが、【美人やギャル系】になると声掛けできないナンパ師が80%以上でした。

ギャルは好みの問題で声掛けできないのは説明できますが、美人の場合は好みでは説明がつきません。

理由として、自分の嫌いな人に嫌われても何とも思いませんが、男女関わらず懇意にしている人から嫌わられた場合、傷つきやすいためと考えられます。

経験

いつもナンパしているスポットなら声掛けできるが、初めてのナンパスポットで地蔵するナンパ師が多いです。

・いつものナンパスポット
声掛けしても問題ない、連れ出したことがある。
↑↓
・初めてのナンパスポット
声掛けして成功したことがない。

これも経験を重ねていくことで段々と地蔵する時間は低減していく傾向にあります。

地蔵の対策

対策として3つ挙げます。

宣言

Twitterやナンパ仲間、友人に「今日は○○人の声掛けする。」と宣言することです。
人間には言ったことはやらなければならないと気分が悪くなる言行不一致の習性があります。
嘘をついたことになるからです。自分で追い込むことで声掛けする勇気を振り絞ることができます。(私はできませんでしたが)

合流

Twitterなどで合流を申請することです。
自身でナンパ用アカウントを開設し、メッセージ・返信で合流を申請すれば10人に1人くらいは合流に同意してくれるかと思います。

合流して声掛けする女性を指名してもらうことで、
”自分の意志で声掛けするのではなく、他人に命令されて声掛けするのだ”という意識から声掛けしやすくなります。

ナンパ講習

有料にはなりますが、一番手っ取り早い方法になります。

合流ではどんな人かわからない人にお願いをすることになりますが、ナンパ講習であればブログ・講習内容などで人となりが把握しやすいと思います。

最初から声掛けする相手の反応を引き出す方法を教えてくれるため、上達までの時間が早くなります。

ある程度経験を積むと完ソロ(一人でナンパすること)の方が効率が良くなったり、固定されたナンパ仲間で行動する傾向にありますので、ナンパ上級者は初心者と合流するメリットが少なくなります。

なのでナンパ講習は未経験者・初心者が上級者と会う数少ない方法かつ確実性の高い手段です。

以上です!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2016 All Rights Reserved.