大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

Twitterナンパで出会えるの?40代既婚者が成功する方法!

2020/03/15
 

久しぶりの投稿ですねー。

今日はTwitterナンパについて。

卒業していった講習生と仲良くさせていただいてまして
共通の会話はもちろん女性関連のお話。

その中で
「最近面白いコミュニティに入ったんですよー。パックさんも興味ありますか?」
とのお誘いを受けて入ってみました。

実践型大人の恋愛サロン
http://jds.lsbcas.com/

結論:既婚者におすすめTwitterナンパ

Twitterナンパはどんな人におすすめなのか。
それは既婚者、30代後半以上です。

ストリートナンパは元々モテ男でもない限り成果を出すにはそれ相応の時間がかかるので、
既婚者、特に子持ちなんかは成果を出すのは相当大変になってくるかなぁと。

そういった意味でTwitterナンパはそんな人たちにぴったりかと思います。

具体的にTwitterナンパとストリートナンパ、さらには出会い系アプリとの比較してみましょう。

ストリートナンパとTwitterナンパの違い

プレイヤーの年齢層、女性の年齢層

プレイヤーの年齢層はその発信者にもよるのですが
大人の恋愛サロンを運営している藤岡さんは40代。
既婚、子持ちです。

そんな発信者に共感するのはもちろん同じような属性。
てな感じでコミュニティにいるのは40-50代の方が多いです。

そして予想ですが全体としても40-50代の既婚者が残りやすいイメージです。

なぜか?理由はこんな感じです。

まず難易度。
おそらくですが難易度的にはTwitterナンパ>出会い系アプリです。
(ストリートナンパと難易度の角度が全然違いそう)

というのもTwitterは必ずしも出会いを求めている女性ばかりではないからです。

営業でいったら
・ストリートナンパ=飛び込み営業
・Twitterナンパ=チラシばらまいての反響営業
・出会い系アプリ=資料請求まで来ての営業
といった感じでしょうか。

難易度でいったら出会い系アプリが先なのでしょうが、
出会い系アプリは写真が必須になってくるので顔が出せない既婚者には当然向きません。

故に出会い系アプリができる属性であればそちらに流れることでしょう。

狙ってる女性はこれも全世代の男性がそうなのでしょう、
10代-20代の女性です。

同世代の40-50代より10-20代の若いチャンネーを狙うのは当然のことでしょう。

Twitterナンパの大変なところ

チャネルがTwitterなのでツイートの内容、継続力、マメさ、引いてはマーケティング力が重要となってきます。

あとは約束をブッチされてもめげない精神力といったところでしょう。
(これはストリートでも一緒ですかね)

ストリートは無視でもめげない精神力、会話を盛り上げるトーク力、そしてそれなりの見た目が重要になってきます。
毎日ツイートする必要もありません。

マメさが必要なTwitterナンパ、根性のストリートといったところでしょうか。

成功するの?

藤岡さんのコミュニティの成功報告を聞いてますし対面で写メを見せ合っているので成功してらっしゃいます。

ただ独学では相当きついのでコニュニティにいる先駆者もしくは教材で勉強して知識をつけていらっしゃる印象です。

藤岡さんは大変利他的なのでその辺のフォローもしていただけます。
またコミュニティの人も大変利他的な方が多いです。

そんなこんなで30代以上後半、既婚者はぜひともTwitterナンパを押したいですねぇ。

ナンパは女性と関係を持つ一つの形態でしかありません。
向き/不向きもありますし、自分の目的が達成できれば手段を問う必要はありません。

自分に向いているジャンルを選びましょう。

そんなTwitterナンパのご紹介でした。

私がTwitterナンパで即った記事はこちら!
実際に会える手法をいかんなく詰め込みました!
https://pacmanstreet.com/offpako-4087

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2019 All Rights Reserved.