大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパは犯罪で警察に通報される?彼氏との遭遇などトラブルの事例を紹介!

2019/08/03
 

ども!パックマンです。
ここ2年で講習・セミナー400人以上の人と会ってきました。
多くの人に「ナンパでのトラブル、特に警察沙汰になることはあるのか?」というお問い合わせを聞きます。

下記に私が思うことをツラツラ書きます。

場面を切り分けると
・声掛け自体
・連れ出し、アポ以降〜即
に分けられます。

正味、連れ出し・アポ以降はナンパ関係なく出会い系や合コン後のデートなど大差はないでしょう。

それではいきます。
まずは声掛けから。

ナンパは警察に通報される?

法律的には?

迷惑防止条例
現在では47すべての都道府県および一部市町村に、「迷惑防止条例」あるいは「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」[1]などの名称で定められている。

昭和30年代後半に制定されだした当初は、ぐれん隊防止条例と呼ばれ、当時社会問題となっていたぐれん隊(愚連隊)による粗暴行為の防止に重点が置かれていた。現在では、迷惑防止条例は、ダフ屋行為、痴漢行為、つきまとい行為、ピンクビラ配布行為、押売行為、暴力行為、盗撮行為、のぞき行為、客引き行為、スカウト行為、悪臭行為なども禁じる。

これらの違反に対しての罰則は、自治体ごとに定めているため、自治体によって大幅に異なるほか[2]、複数の条例を定めている自治体もある。
条例の内容によっては問題になることもある[3]。
迷惑防止条例は親告罪でないため、被害者の告訴がなくても公訴を提起することができる。

つきまとい行為等の禁止
第5条の2
つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居等の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。
引用:「つきまとい行為等の禁止の条文|警視庁

とあります。
ナンパもしくは勘違いされることとして
「つきまとい行為」「スカウト行為」でしょう。

実際に捕まると?

・軽犯罪法違反
拘留(1~30日未満の拘置)または科料(1,000~1万円未満の納付を強制される財産刑)
・条例違反
1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(常習者の場合:2年以下の懲役または100万円以下の罰金)

こえー!

ナンパの実際の現場では?

結論から言うと捕まっている人は見たことがありません。

空気が全く読めず、つきまといで有名なナンパ師ですら捕まったことがありません。

ちなみに交番の真ん前でナンパしても捕まることはありません、
(キャッチで取り締まるのはそれ用の警官がいるんだとか。真偽は不明です)

ただあまりに迷惑なナンパをすると周りにいる一般人が出てくるので気をつけましょう。

ナンパ中に一般人の男が割って入る→トラブルになるケースはたまーに聞きます。

ただ法律的に言うと「進路に立ちふさがり」というのがポイントでしょう。

「女性に立ち止まってもらわなければ!」
って一生懸命になりすぎて進路に立ちふさがったりする人も多いですからねぇ。

ではナンパ で捕まることはあるのでしょうか?

実際にリスクがあるのは「連れ出し・アポ」以降の話です。

未成年は怖い

青少年育成法


要は18歳未満に手を出してしまうことです。

基本的に若い人は社会の汚れを知らないためかナンパで声を掛けると良い対応をしてくれる傾向にあります。

それを逆手に取って、そのまま連れ込むと後日えらいことになってしまいます。

パック「こんにちは〜」

女の子「どもー!なんですかー?」

立ち止まる女の子←ナンパでは基本女性は立ち止まってくれない

パック「ん?今何歳?」

女の子「1○歳です。」

パック「じゃあ気をつけて帰ってな!」

なんてことは何度かありました。

個人的にはあまり若いのは好きではないのですが、ロリ好きな人は結構な確率で出くわすのではないでしょうか。

特にお茶や居酒屋にいく前に年齢確認をしておきましょう。
特に居酒屋で酒を飲ませようなもんなら最悪の事態になりかねません。

健全なナンパ師は18歳以上にいきましょう!

未成年の飲酒

18,19歳での飲酒ですねー。
今時どのくらいの割合で守ってる人がわかりませんが、法律的にはアウトです。

18,19歳の人にお酒飲む→関係結んだあと→「酒飲まされてヤラれた」

となると最悪な事態が起こります。

「知らなかった」は水かけ論になるので、年齢確認はしっかり行いましょう。

男性の人数>女性の人数での行為

正直オススメしません!

3Pくらい(男性2人、女性1人)ならまだ聞く話ですが、
5P(男性4人、女性1人)とかになると違和感を覚えられることでしょう。

当事者同士が「当時」合意してても女性の気が変わるやもしれません。

注意が必要!

番外編

1.スカウトとのトラブル

過度に邪魔をしなければトラブルになった話は聞きません。
彼らも表の仕事ではないので、そこらでナンパしている一般人をしばいても儲けにならないからです。

とはいえ、目の前でナンパでウロウロされても気分はよろしくないですし、スカウトは持ち場が決まっているケースが多いです。

新宿→風林会館の近く
渋谷→道玄坂の上
はスカウトの方々がウロウロしているので、この場所は避けた方が無難です。

2.他のナンパ師とのトラブル

自分のやり方=業界のスタンダード
って思う人がいるので、それにそってやらないと怒ってくる人もおります。

これもコミュニケーション不足の問題で打ち解けると返って仲良くなったりするとか、しないとか。

3.ナンパしてる途中に彼氏登場

彼氏が来た時点で立ち去れば基本的に問題がありません。

体格が小さい人だと舐められやすいのか

「何度か彼氏に絡まれたことがある」と講習生から聞いたことがあります。

確かに実際虎トラブルに合った知り合いも小柄な方が多かったです。

この辺は生物の本能なのか。

アフターフォローはしっかりしよう

「即ったらあとは用はない」

女性からしてみればこれほど失礼なことはないでしょう。
「は?私は無料の風俗かよ!」的な。

もちろん人には好みがあるし、その時のテンションもあるので「遊びだった」ということもあるでしょう。

しかし、仮に遊びで長期的な関係を考えていなかったとしても
アフターフォローだけはしっかりしましょう。

・しっかり駅まで送ってあげる。
・最寄駅のタクシー代は出してあげる。
・建前的にLINEは交換してあげる。
などなど。

今後、
連絡を取る/取らないは当人たちの判断ですが、
上記をやるだけでトラブルはだいぶ減らせます。

噂レベルではありますが、
完全合意だったのにアフターフォローを怠ったがためにトラブルになりかけた
という話を聞いたことがあります。

本心はどうあれ、女性へ敬意をもった行動を取りましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.