大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

誠実系ナンパの限界について!ゴールから逆算しないと相当苦労する

2018/07/25
 

パックマンです。

ナンパ講習をして早1年数ヶ月、70人くらいの方に会いました。

初めに声掛けしてもらう時に感じるのは
やはり最初は丁寧に声掛けしてもらうと多くの方が

————————–
「すみません、ちょっといいですか?
すごいタイプだったんで声掛けしました。
私は○○会社の営業マンで怪しいものではありません。
好みのタイプで声掛けしました!」
————————–

って感じになります。
いわゆる誠実系ナンパです。

いきなり見ず知らずの女性に声掛けするので素性を明かして声掛けすると安心してもらえるだろう、
というものです。

結論から申しますと私は誠実系ナンパ否定派です。

前提がありまして、「即ること」がゴールの場合です。
これが「連れ出し・連絡先交換」であれば、誠実系ナンパが最適でしょう。

多くの方が連れ出し(連絡先交換)に苦戦するあまり、連れ出し自体が目的になることがあります。

連れ出しは1人あたり1時間+金銭を消費します。

多くの方は忙しい時間の中でナンパしているので、
確度の低い連れ出しばかりしていると1連れ出しで1回の出撃が終わりかねません。

私は確度の低い連れ出しなら連絡先交換だけして、連れ出さないこともあります。

まとめますと下記のような状態です。
スクリーンショット 2017-04-15 00.25.15

そしてそれは見た目にも言えることです。

見た目が誠実系になってないか 声掛けはもちろん見た目も同じことがいえます。

・チャラい見た目
・真面目そうな見た目

どちらの方が連れ出し以降、ホテル打診をしても違和感がないですか。
前者のチャラい見た目の方がホテル打診しても違和感がないですよね。

もちろんトークで巻き返せないこともないのですが、わたざわざ不利な条件で始める必要はありません。

それも顔の作りは関係なく、髪型・眉・服装でどうにでもなります。

私自身、くそ真面目そうな服装でナンパしてました。
もちろんその格好でも結果は出るのですが、やはり第一印象は「真面目そう」と言われます。

真面目そう→ナンパ業界で最強に悪口になります(笑)
要は「真面目そう=面白くなさそう。」と同義だからです。

真面目→チャラい行為から程遠い
ホテル打診→チャラい行為

っつー感じで誠実系は自らハードルをあげていることになります。

ある程度はイケてる格好、
「この人と一緒にいたら楽しい時間が過ごせそう。」なくらいの見た目をしている必要があります。

しかし、見た目を変えることが実は一番ハードルが高いです。

皆、鏡などを見て自分の見た目には何となく愛着はあるもの。
そこでドラスティックに見た目を変えようとするのに異常な抵抗を示すことが多いです。

今までしたことのない格好は確かに抵抗はありますが、違和感より結果を優先しましょう!

万が一、成功率が下がっても1つ検証ができたと思えば前進です。

おっと!
では、どんな声掛けをすればよいのでしょうか。

楽しい雰囲気を作りつつ、男女を意識させた声掛け

これがベストでしょう。

具体的にどーやんねん!って話ですが

・笑わせる。
・価値観の一致。
・恋愛観の一致。

上記を行うことです、連れ出すまでに(笑)

ここがポイントです。
連れ出す前に上記3点を意識するだけで飛躍的に確度を高めることができます。

Q.具体的にどんな会話をすればいいのか。
A.あらゆる会話を恋愛関連の話に結びつけます。

例)
仕事の話→職場で出会いは?
大学の話→男女比率は?

などなど。
この話を持ってくために全力で話を捻じ曲げます(笑)

・出身
・趣味
・休日の過ごし方
→どーでもいいです。
優先順位は低い話なので全力で省きます。

時間があれば話す程度です。こんな話は即ってからしましょう。
声掛けの邪魔です(笑)

・笑わせる。
・価値観の一致。
・恋愛観の一致。

これができてから連れ出すだけで即率はだいぶ違うことでしょう!
フィルタリングをかけなければなりません。

さっきも述べたように連れ出し1件で1時間は使います。
これが何もなければ1時間で10人近くは声掛けできるでしょう。

できるだけ確度の高い案件に集中するのがベストです。
ターゲットはどーせ無限にいるので。

連れ出し数や連絡先交換数にこだわっても仕方がありません。
我々ナンパ師のゴールは即に他なりません。

いかに確度を高め、時間を節約するか考えましょう。

それとあと言いたいことが一個だけあります。

即は苦労の結晶である

1日何人かの美女に声掛けし、さくっと連れ出してホテル搬送・・・・
そんなことは絶対ありません(笑)

女性にとってその日のうちに持ち帰られるなどまともな女性であればおかしい事態です。
そう簡単に即らせてくれません。

実際は歩きまくりながら声掛けし、連れ出し、無限のグダをくぐり抜けて即れるわけです。

ナンパはあらゆる局面で壁が立ちはだかります。
私はホテル打診で、それはそれは苦戦しました。
(連れ出しまでは割とすんなり行った方でしたが)

なので今回は誠実系ナンパについて述べましたて、
遠回りなんですよーってことを熱く述べてみなさまの苦労が少しでも少なくなるようお祈りしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2017 All Rights Reserved.