大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

凄腕ナンパ師と普通のナンパ師の違いとは?真似することはできるのか

2018/07/05
 

ども!パックマンです。

1からオリジナルで全部やるよりは他からパクってきた方が早いと思ってます。
ゴールから逆算すること、今回のテーマで言えば
ナンパで成果を出したいのなら成果を出している人の共通項をパクってきた方が早いものです。

今までこの業界にどっぷり浸かって数々の凄い人に会ってきました。
その共通点を記載していきます。

凄腕たちの特徴

異常性欲者

尽きることのないモチベーションで半端ない活動量。
本能に根ざしたその本能はまさに驚異。

具体的にいうと
・オ○ニー→ナンパでやる→家帰ってオ○ニー
・女と2回戦→家帰ってオ○ニー
とか常人では考えられないくらいの精力でした。
これはある意味才能なのかもしれません。

年間100即とか行く人はこういった人が多かった印象です。

異常な承認欲求

負けず嫌いといってもいいかも。

即ることはナンパで1つゴールとなるため、ツイートすると凄い注目されます。
一般的にナンパで即ることはとても難易度が高いからです。

受験勉強の偏差値よろしく即数が多いと上記で述べた通りステータスになるため、
それが心地よくなってガリガリ即る的な。

特に即っているとマウント取りやすくなるためある意味麻薬的な快楽をもたらすようです。

時には他のナンパ師にバトルを挑むほど好戦的。
原動力が「負けたくない」ってことで圧倒的な努力をします。

異常な寂しがりや

響きは悪いですが結構重要な能力です。
てか何かしら原動力がないと人間行動できませんから。

自分を受け入れてくれる人を探すためナンパに精を出す的な感じです。

即ってる割にメンタルが弱かったりするので、結構ナヨナヨしている人が多い。
個人的にあまり好みではないです。

ターゲットも天然っぽ、受け入れてもらえやすい人ばかりに絞ってたりするので。

異常なコンプレックス

モテないことに劣等感を抱く人々。俺はこれに当たりました。
自分の経験談でいえば
「今まで勉強ばかりして報われないなんておかしいだろ!」
とか妙な原動力でナンパを頑張っていました。

本人がどこまで成長するかはコンプレックスの深さ次第といったところ。

学者的な探求心

一番強いかもしれません。
極端な話、Aという服、Bという服どちらの方が結果が出やすいか?
確率論で研究していきます。

上記では服が題材ですが、
これがトークだったりコンビ相手だったりすると確かな理論になったり。

人に対する興味がないと中々できることではありませんが、
そういった人に教わると非常にレベルアップが早いものです。

美女をゲットする人はこういった人々が多かった印象。

成果を出している人にまともな人などいない

凄腕は何かおかしい

まともじゃない成果を出すから当然ですが、凄腕に一般の会社にいるようなまともな人は1人もおりませんでした。
成果を出すために振り切っている人が多い。

ナンパに対する投資時間、金額も想像しうる10倍は多かったりとか。
ナンパスポットの近くに家を借りることはもちろん時には反応が良いという噂を聞きつけてチワワを飼うものまで
成果を出すためなら手段を選ばない人が多かった印象です。

即るというゴールの元、生活スタイル、見た目、トークすべてを最適化されているので強い。

こういったことから
「いかに結果に拘れるか」が成果を出すのに一番の要素なんだと思いました。

スタート地点は関係ない、目的意識こそがすべて

今までいろんな講習生を見てきましたが、
スタート地点はあんまり関係ないなぁ。ということが断言できます。

「正しい努力を継続すれば必ず成果が出る」からです。
ただ多くの人が正しい努力をしないか、正しい努力をしても続かないことが大半です。

特に後者が難しい。
正しい努力をしても右肩上がりで能力が上達することは稀です。
大半の人が一本調子にいかないと飽きてしまいます。

下がった時にいかに努力を継続かが鍵なわkです。

なので結局目的意識を強くもって継続できるかが鍵になるんだなぁと思います。
反対に始めて1ヶ月くらいで成果を出しまくった人は活動が続かなかった印象です。

本人の努力コストが小さいから撤退するときにあまり悔いが残りにくいからでしょう。
成果を出すまでに時間がかかった人は撤退コストがでかいため、活動が継続する→成果が出やすくなる。
という側面がありました。

何が幸いするかわからないものです。

まともな人が成果を出すために

環境作りが大事

「やるぞ!」って決意で継続できるほど人間の意志力は強くありません。

故に「やらなければならない環境」を準備することが何より大事です。
・ナンパ塾に入る
・プレッシャーがかかる相手と頑張る
といったところです。

人間ですからやる気が出ないこともあるでしょう。
しかし、なんだかんだ街へ出れば声掛けして楽しくなるものです。

やらないことを決める

1日24時間、エネルギーも有限です。
何かに集中する=何かを捨てなければなりません。
あれもこれも頑張ることは人間できません。

ある一定期間、成果を出すためなら最低3ヶ月は必要でしょう。
飲みの誘いを断ったり、ナンパに関係ない習い事はすべて切り捨てましょう。

戦略とはやらないことを決める
といった名言もあるくらいですからね。

いかがだったでしょうか。
ナンパで成果を出しているとハロー効果よろしく人格も素晴らしいものに見えるかもしれません。
しかし、実際凄腕に会ってみるとメンタルが結構ぶっ飛んでる人が多かったかな。

なので成果を出すためにぶっ飛べるようまずは環境作りから力を入れてみましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.