大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

失恋をきっかけにナンパ始める〜始める理由は人それぞれ違う〜

 

ども!パックマンです。

「なぜ人はナンパをするのでしょうか。」

きっかけは人それぞれです。

・安くヤれる
・普段接点がない美女と知り合える
・出会いが無限に作れる
などなど。ナンパする人の数だけ始める動機があります。

私のきっかけ

俺自身は?と問われたらナンパを始めたきっかけは
・自分史上最大の美女にフラれた
・未知の世界に興味を惹かれた
の2点です。

フラれたことは何よりも大きいパワーを持ちます。
「ナンパしたい。」
こう思ったのは4年前の2014年7月だ。

自分史上最大の美女の誕生日だった。
人生最大の幸運か、はたまた運命のイタズラか俺はその女性の誕生日を祝う機会を与えられた。

今での鮮明に覚えている
浜松町から出てクルージング〜六本木ミッドタウンのディナー
すべて完璧・・・・・・・に思えた。

完璧にこなしたと思ったが、どうやらその女性にとっては違ったようだ。
デートが終わったあとに
「付き合おう」
という言葉に対するその女性の答えは「No」だった。

誕生日まで祝わせてくれた俺に対してなぜ「No」だったのか。
それは今でもわからない。その女性しか知らない。

激しく落ち込んだ。
恥ずかしい話だが1ヶ月くらいはその女性のことがグルグル回った。

グルグル回ってもその女性ともうデートすることはできない。

詳しくは人生物語に書いているが、
婚活パーティー1年半に渡って通い続けたようやくカップリングした女性だ。

確率的にもう1年半通う気にはなれない。

「路上で声掛けた方がそういった女性に出会うのは早いんじゃないか?」
そう思って路上ナンパを志した。

ただ地蔵(緊張して声掛けできない)したり踏ん切りがつかなくて
本格的にナンパするようになったのはそれから6ヶ月ほどの月日がかかることになる。

自分を変えるためには既存の延長線上ではダメだ

自分の環境を大きく変えなければならない。
どんなに気合いを入れても変わるのは1.5倍〜2倍程度だろう。

上記でいえば1年半に1人知り合えるレベルの女性と6ヶ月〜1年程度に1人出会えるに過ぎないだろう。
そんな頻度だとおそらく過度な非モテコミットをして、また同じミスを繰り返していただろう。


「自分が落としたいと思える女性と日常的に出会える環境に身を置かなくてはらない。」

持論だが、そう思っている。

そういった意味で路上はこの上ないくらい有難い環境だった。
そしてそのフラれたエネルギーが大きかったのか、ほぼ毎日渋谷でナンパしていたし、
ナンパする時間を捻出するために仕事を辞めてしまった。

今思えば勢いだったが、そのくらいエネルギーはでかかった。

自分のどタイプに女性を落としてみませんか

男性に生まれたのだから自分のタイプの女性を落としてみたくならないだろうか。

紆余曲折を経て時間はかかったが、ナンパの世界でそれを達成することができた。
女性に関していえばもう悔いはない。
明日もし不慮の事故で死んでも女性問題に関しては悔いはない。

自分が自分史上最大の美女と思えればそれでいい。
他人にどうこう言われてもなんとも思わない。

どーでもいい女を100人抱くよりは
明日死んでも悔いがないくらいのレベルの美女1人抱く方が良い。
人の縁に恵まれて幸運なことに俺は達成することができた。

それができたことで下手なデートを連発して挙げ句の果て、
好きな女性の誕生日にフラれた情けない自分を慰められる唯一の方法になったからだ。

過去を再定義するために

今この記事を読んでいるあなたは女性関係で満足できていないのかもしれない。
満足できていないのであれば、恋愛経験ゼロの童貞も100人切りのモテ男も一緒だ。

理想の女性が目の前に現れても
そもそもアプローとができなかったのかもしれないし、
デートでヘマを打ったのかもしれない。

きっとその度に情けない気持ちになったろう。

情けないという過去を情けないまますることは簡単だ。
しかし、それをバネに努力できればそんな情けない過去は”きっかけ”という言葉に変わる。

恥ずかしい挫折経験を持った人、時にはトラウマ級の経験を持った人のエネルギーは相当でかいし
再定義できるだけの可能性が相当高い。

偶然だがナンパを始めて3年後、連絡先を消した自分史上最大の美女と再開して後日デート。
最初に出た私の言葉が「ありがとう」だった。

多分この一言ですべて過去を再定義は完了した。

 

チャネルはなんでもいい

私自身がフラれたのはあんまりネットにいない少し派手めな女性だったので、路上ナンパにのめり込んでいった。
しかし、路上が偉いわけではなく、自分のタイプが出会い系にいれば出会い系で良いと思うし、
クラブにいればクラブで良いと思う。

理想の女性を落とすことが目的であって出会い方は手段でしかないからだ。
ただ食わず嫌いになることは避けることをおすすめしたい。

あらゆるジャンルのナンパを経験してほしい。
結果、自分に相性が良いジャンルがきっとある。

このブログ全体ににあらゆるジャンルのナンパは俺自身が実際に経験してきたことで、
嘘偽りないあらゆるジャンルのナンパの実体験です。

これが1つでもあなたの役に立つことを祈ってます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.