大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパのエロトーク下ネタの会話例!最短で即る方法を伝授!

2019/09/18
 

さてさて誰でも興味があるであろうエロトーク。

今日はその会話例について語りたいと思います。

エロトークについての勘違い

男にとってのエロトークと女にとってのエロトークは意味が違う

一番勘違いしやすいのはここですねー。

極論ですが、エロトークは
男性→欲望
女性→生活の一部
っつー感じです。

ここ履き違える方が多い。
男性の方がより抽象的、女性の方がより具体的
といっても良いでしょう。

男性はエロの行為自体を笑いのタネにしますが、
女性であればパートナーとの身体の相性だったり具体的な内容だったりします。

エロトークできた=ホテルは間違い


エロトークを一つのサインにしてホテル打診をするのもよいでしょう。

しかし、ここで大きな勘違いであるのがエロトークの意味。

恋愛トーク→下ネタ→ホテル打診→勝った!
的なニュアンスには必ずしもなりません、残念ながら。

露骨なエロトークは下心が見え見えになりますし、逆効果になることも多いです。

雰囲気作りとしてのエロトークであってエロトークありきでないことを心に留めておきたいものです。

エロトークの会話例

OKなケース

カップルにとって切っても切れない身体の相性。
恋愛トークから展開させるのが一番自然な流れでしょう。

男「前の彼氏とはどのくらい付き合った?」

女「1年くらいかな?」

~中略~

男「前の彼氏に対して不満とかあった?」

女「特になかったけど価値観が合わなかったかな。」

男「身体の相性は?その辺も大事じゃん。」

てな感じでサラっと言います。

ここで一番NGなのはニヤニヤしながらエロトークをすることです。

NGなケース

男「ワンナイトの経験はある?」

女「ないかなぁ。」

男「けどいい人だったらしてもいいって思うでしょ?」

女「かもねぇ。」

男「え、俺はどう?」

なんてケース。これはかなりの恋愛初心者となります。

より具体的な会話が大事!

上記で述べた通り女性はより具体的な、自身の体験で語るのが好きです。

「男のアレが小さいと女性も盛り下がるよね。」
「大きさより硬さの方が大事だよね。」etc・・・

上記であればかなり共感を持って女性が会話に耳を傾けてくれるのではないでしょうか。

男性であれば話しても1mmも面白くないエロトーク・下ネタとなるでしょう。
そのくらい男性と女性は会話の捉え方が異なることを肝に命じなければなりません。

頭の中はホテルへ連れ込みたい気持ちでいっぱいかもしれませんが、
ここはグッとこらえて一度女性にその辺を根掘り葉掘り話せていることが中長期的は最も成功します。

「とにかく下ネタ言ってホテル打診だー!」
だといつまで経っても成果が出ません。

ってな感じです!素敵なナンパライフを!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2019 All Rights Reserved.