大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

上海へナンパ講習生を連れて行った話。若い人、世界を目を向けよう。

2018/07/17
 

ども!パックマンです。

5日ほど中国へ。

 

上海3日・武漢2日っつー感じです。
(講習生は上海のみ)

 

飛行機で3時間ほどの上海を選びました。

なぜ講習生を上海へ?

業界で五指に入るほどの旅行の好きの私です。

しかし、今回はいつもの旅行とは違います。
3日ほど講習生2人を上海へ連れてきました。
(ヨッシー、政宗っつー講習生です)

 

 

何でか?

1.講習生が20歳前後と若く、海外旅行の経験なし。
2.脱・地蔵(チャレンジすること)の一環。
3.成長が著しいアジア。その中心である上海を見て欲しい。
4.世界に視野を向けてほしい。

 

という流れです。

無論、個人旅行です。

さてさて無事に集合し、成田空港から上海浦東空港へ飛行機で移動します。
行きは4時間ほど。

 

「你好!(ニ〜ハオ!)上海!」

 

と歓迎ムードになると思いきや入国管理(略して入管)が立ちはだかります。

 

 

入管「お前らどこに泊まるんだ?(中国語)」

と聞かれます。住所レベルまで。

 

 

 

ここで旅行の計画を他人に任せっきりだとパニックになります。

 

昨年10月に上海に行ったところ、私は住所がわからず15分ほどイジメられました(苦笑)

初・海外旅行なら軽くパニックになるレベルです。

 

 

 

しかし、今回そんなことは復習済み!!

 

講習生にホテル住所のスクショを事前に配布。

 

 

無事入管を通過。

我々は人民広場へ向かいます。

 

 

「人民」がつくと硬い感じがしますが、

英訳は「People’s Square」なので平和です。

 

 

上海で一番のショッピング通りでしょう。

イケてます。買い物はここで全てがすみます。

 

 

とりあえず凄さにビビる講習生2人。

そりゃそのつもりで連れてきてますからね。

 

 

イメージでいうと

新宿+渋谷+六本木+銀座の良いところ取りです。

 

1km以上通りが続きます。

こんな規模は日本にはまずないでしょう。

巨大アウトレットモールといった感じ。

 

 

人民広場は観光地としてかなり有名で日本人もチョロチョロいました。

お約束なので、講習生には人民広場でナンパしてもらいました(笑)

 

結果はガンシカ(無視)。

 

この前に豫園(他の観光地)でもナンパしてもらいましたが同じ結果に。

 

気分が上がりやすい観光地ですが、中々うまくいかず。

 

海外の日本人ナンパはリゾートに限るっつー結論に至りましたね。

 

 

 

あと女性関連でいうと上海で歩いている中国人美女の割合は低い。

 

 

俺「美人いないなー!」

 

ヨッシー「いないっすねー。」

 

政宗「確かに・・・・。」

 

 

俺の感覚だと美人度は

韓国>日本=台湾>>>上海っつーレベルです。

 

 

しかし、中国人女性(韓国もだけど)は足が長い。

平均身長5-6cmは高いイメージです。あとヒール履かない。韓国人も。

 

あと美的センスがなんつーか六本木寄り。

身長が高くてキレイ系を目指している感じです。

 

 

日本もキレイ系好きな人が多いですが、可愛い系(ロリ系)も重宝されます。

上海ではロリ系はあまり重宝されない様子。

 

 

そして外灘で記念撮影。

ここの風景はヨッシーがかなり気に入った様子。相当キレイな夜景です。

 

ナンパでこれ見せれば、このまま即れることでしょう。

(上海にきている時点で即れると思いますが)

 

 

上海の交通事情

 

アプリ全盛の上海ではまぁタクシーが捕まりません。

引かれる覚悟で止めに入るも、どのタクシーも迎車のためか止まる気配がありません。

 

 

あとバイクがなぜかF1ばりに割って入ってきて軽く10回は轢かれそうになりましたね。

 

日本ならトラブルもんですが、この辺は大陸のおおらかな性格が出ているのでしょうか、喧嘩もありません。

(あれであけ接近して事故にならないのはなぜだ?)

 

 

上海のクラブ

 

何とか移動してから飯を食い、クラブへ向かいます。

 

歩いて移動中、目につくのは巨大なブランド店の数々。

Cucci、Cartieなどなど軽く日本の2-3倍の規模のお店ばかりでした。

 

文字どおり規模が違う。

たまげている講習生2人を横目ににやける私です。

 

 

そして不思議なことにクラブに近くとまぁ増える高級車の数々。

そして美女たち。

 

日本でも早々は歩いていない美女達が高級車から降りてきます。

 

 

私「ヨッシー、日本と一緒だね。」

 

ヨッシー「美女は繁華街歩かないですもんね。日本と同じだ・・・。」

 

私「美女は車移動ってわけですか。」

 

Linx

着いた先は「Linx」。

入場料として50元/人(850円程度)ほど払います。

 

週末なのに人の混み具合はまばらです。

広さは六本木クラブのエスプリの1.5倍程度。

 

しかし、いる人のレベルが違います。

 

白人の美人連中のレベル。

六本木の高級キャバ嬢が土下座するレベルで美人です。マジで。

 

「文字どおり何食べたらそんなにキレイになるんですか?」ってレベルで。

 

ってか圧倒されてナンパどころではありません。

 

しかし、ヨッシーはなぜかその中で割って入っていきました(笑)

 

 

そしてクラブなのに退屈そうに座っている中国人女性。

これも異常に美人です。人民広場では間違いなく歩いていなかったレベルです。

 

 

ため息をつきながらBarから眺めていると目に入るメニュー表。

1,000円程度から〜100万円以上(!?)まであります。

 

100万円以上って・・・・。

 

聞くとシャンパンのボトルは最低2.5万円から。まぁ良い値段。

 

すると目の前をそのボトルを持ったスタッフがトルコ行進曲のごとく歩いてきます。10本ほど。

 

どうやらVIPの人が注文した様子。

最低25万円が流れていきます。

 

マジで金で圧倒されます。

 

そんなVIP席を見つめていると先ほどまで退屈そうに座っていた中国美女が並んでいてVIP席の男性陣が指名してました。

指名されなかった女性はまた席に戻ってきて退屈そうに座っています。

どうやらクラブ側に雇われていた女性だったようです。まさにクラブ嬢。

 

 

fusion

 

観光スポット・新天地の5Fにあるクラブ。

広さは渋谷のクラブ・アトムのメインフロアくらい。

 

ここでも入場料50元/人を払います 。

時間は23時をすぎており、かなり混んでましたね。

朝の9時の山手線って感じ。

 

演出がいけており、DJ後ろのダンスの演出がかなりいけてました。

 

敷居は低く、ナンパするならFusionでしょうね。

Linxは金で足切りされそうな感じです。

 

Linxはそもそもソファーに座ってる女性は一般ではなく、雇われてきてますからね。

 

 

上海旅行を終えて

 

私はまぁこの後に内陸・武漢に行ってましたが割愛で。

 

若い講習生を驚かせることができて良かったかなぁと!

 

昔は貧しくて、汚くて、人口が多かった中国のイメージは少なからず上海にはもうありません。

2007年に初めて私が中国に旅行に来てから10年ほどで経済規模は3倍ほどになりました。

 

すでに経済規模は日本の2倍以上。

 

日本も東京と地方の格差とか言ってる場合じゃないありません。そのくらいに上海はすごい。

来ればわかります!

 

若い人に飛行機で日本から3時間ほどにスゲー国があるんで、視野を広く持った方がいい。

中国のことが好きだろうが嫌いだろうが隣国なので日本人はますます中国と関わってくることになるでしょう。

 

成田空港から景色を見ながら。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.