大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

渋谷クラブナンパで直家も生理グダに直面!正しい対処や見極め方は?

 

講習生は今日も好調の様子。

以下、クラブナンパで生理グダ負けしたのでその対処についてお書きします。

渋谷クラブナンパ !

コンビの難しさ

講習生より
————–
あれは11月の寒い日。
場所は渋谷のアトム。


平日にも関わらず多くの男女で賑わう街です。

この日はコンビで乗り込みます。

数組に声掛けしてウォーミングアップ。

1人の女性がいたので声掛けです。
コンビ相手は空気を呼んで傍観者になってくれました。

ここらがコンビナンパの難しいところ。
時間と金銭を使う以上、お互い即りたいものです。

しかし、これでチームワークが崩れると返って即れなかったり、
最終的にはコンビ自体が組めなくなる可能性があります。

深夜かつお金も使うクラブナンパにおいてコンビ相手の存在は非常に大きいのです。

もちろん男性2人対女性1人で3Pしても良いのですが、最近の世の中の流れを考えると
男性の人数>女性の人数
で即るのは法的な面で見てよくありません。

この辺は必要なリスクヘッジでしょう。


場面は戻ってナンパへ。
女性はイベントコンパニオン。東北からの旅行者とのこと。

女性「友達はハグれた(ということ)」

クラブは非常にたくさんの人がおり、ハグれてしまったり、
酔った友達が持ち帰られるといった事態がよくあります。

クラブはコンビでいく方が良いですが、ソロで行っても十分に戦える場所なのです。

直家の重要性

クラブのゴールデンタイムは2-4時。
つまりこの時間に決める必要があります。

決定率100%なら問題はありませんが、相手は人間なので負ける可能性もあります。

そう考えると時間を最小限にとどめて出来るだけ打席に立てる回数を多くする必要があります。

ゆえにクラブナンパの出口戦略は
・ラブホテル
・家
の2択なわけです。

飲み屋?
そんなところに行ったら1時間はすぐに経ってしまいます。
それは非常に勿体無い。

逆にいえばすぐ即れるくらいまで女性の食いつきをあげる必要があるのです。

そして今回はすんなり即れる・・・・・はずでした。

生理グダに直面!

冷静に相手の服装を判断すること

女性たるもの生理は必ず毎月やってきます。それは仕方ありません。

しかし、
嘘の可能性
もあります。

白パン
であれば嘘の可能性は極めて高いです。

なぜなら生理の血が目立つ可能性があるからです。
ここで白パンでなければ生理の可能性は少し上がります。

手が血だらけに・・・

しかし、今回はマジもんの生理でした。

手で触ると指が血まみれに!

なんじゃこりゃー
ってな感じ。

ここで生理グダの対処を。

生理への対処

赤いタオルは必須


ここで相手の腰の下に赤いタオルを敷いておきましょう。

これなら血が目立ちませんし、血が飛び散って汚れる心配が減るからです。

しかしながら
今日はタオルを準備していませんでした。

ゆえに生理グダというか清掃のコストを考えて即ることは断念。
口で抜いてもらいました。

ただ歯を立てすぎて非常に痛かった、、、、、。

生理グダは崩すべきか?

生理初日のように出血量が多い時は衛生面を考えると無理に即るのは得策ではない可能性が高いです。

即ることはできても女性に引かれて次に繋がらない可能性が高いからです。

どーーーーーーーーーしても即りたければ数回腰を動かして
既成事実だけ
作って終えることにしましょう。

では、また!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.