大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパで面白い人/爆笑させる人が即れないのはなぜ?鍵は登山地図理論にあった!

2020/10/25
 

「笑わせてもヤレないのはなぜか?」
「面白いと言われるのにヤレない!」

そんなことを思う人も多いのではないでしょうか。
私もその1人でした。

毎度の事に女性を爆笑させながら
ホテル打診をすると
「え、そういうつもりじゃなかった」
と拒否されていました。

ただ今は違います。
今は笑わせることなく女性とヤることができています。

鍵は何といっても
「登山地図理論」
にあります。

山の頂上を即るとすると
自分がやっている笑わせるということは
果たして頂上に近いのか/いなか
を考える必要がありました。

今日はそんな内容を話します。

この記事を読めばナンパで
必ずヤリまくれるようになります。

反対にこの記事を読まなかったがために
俺はなぜ笑わせてヤレない・・・とならないようにしてください。

笑わせることが正義だと思っていた


この日はコンビナンパ。
相方はクラブで店員をしている友人です。

毎日のごとく
・どんな人が持ち帰れる/持ち帰れない
を観察しています。

そんな彼とのコンビナンパ。
フィードバックをもらうにはうってつけです。

ナンパして早々に連れ出します。
相手は社会人1年目。
22-23歳の女性2人組でした。

相方はこの日は観察に徹して
私が終始喋りを担当します。

・女性が好きそうなリムジンパーティーの話
・最近の色恋沙汰
などなど

90分ほどして放流。
相方にフィードバックをもらいます。

相方「身振り手振りが大きいのが気になりました。
何と言うか落ち着きがない印象です。」

持ち帰ってる人=正義、その特徴は?


彼曰く
・持ち帰っているのは落ち着いている男性
・女性の腰にすぐ手を回している人は持ち帰りにくい
・ヘラヘラダンスを踊っている人も持ち帰りにくい
・落ち着きがない男性も持ち帰りにくい
・イケメンかどうかは関係ない
とのこと。

結果が全て
と思っている私は考えます。

主に
・落ち着きがないと色気がなくなる
・笑ってからセッ●スという考えになりにくい
という結論に至りました。

確かに口説くと聞いてbarを
思い浮かべるかと思いますが、

おそらく爆笑させようとする人は
少ないのではないでしょうか。

それと同様に
ナンパも最初こそ笑わせてもいいのですが
終始笑いに突っ走ると持ち帰りにくくなる
ということがわかりました・・・なるほど!

思うに
イケメンじゃない人ほど弱点を補強するために
笑いへ持っていこうとするのですが
それが逆効果になる印象です。

登山地図理論が鍵!


たくさんの人を観察している人はいわば

山の頂上という
「ゴールへの登山地図」
を持っているに等しいです。

イケメンの人とやっても
本人の経験則が非常に大きいので
何が良くて何がわからないまま
成果が出ているケースが非常に多いからです。

登山でいったら
体力はバリバリあって方向感覚が優れている人に当たります。

それはそれで素晴らしいのですが
他の人にも真似できるのか?
と問われれば再現性はありません。

100人単位で人を観察しましょう。
・こういうタイプは持ち帰れる
・こういうタイプは持ち帰れない
という大まかな傾向を
考えてからでないと遠回りしています。

私自身の黒歴史ですが
地図を持たずに努力した結果、山の樹海をさまよっている
ただの登山客でした。

移動距離はすげー長いのに全く頂上へ近づけない状態です。

今回のクラブで働いている彼のように
登山地図を持った人とやることによって
最小移動距離で頂上に近づくことができるのです。

一人で頑張ることも素晴らしいのですが
登山地図を探すことにも時間を費やしてみましょう・・・!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2020 All Rights Reserved.