大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパで即るために必要な7つの要素!マインドセットから打診方法まで

 

ナンパの1つのゴールである、「即る」ことについて語っていきます。

用語的な説明でいくと
・即
会った当日にホテル、家でSE/Xすること
・準即
会った日の後日、ホテル、家でSE/Xすること
という違いがあります。

即と準即の違い。

心理的なハードルが低いのは「準即」です。

理由として
・会ったその日のSE/Xでない
→軽い女ではないという建前が作れる。
・後日会える時点で脈あり
→後日会えるにはそれなりに食いつきが必要。
なので可能性が高くなる。

という側面があります。

そんな用語の説明、準即との違いを書きました。
いよいよ即るための要素を書いていきます。

即るのに必要なこと

即ることに罪悪感を持たない


身体は女性にとって最後の一線であるため、

即ること=チャラい=女性を傷つけてしまう

という認識を持つ男性はとても多いです。

とても良い人ですね!友達になりたいくらいです。

しかし、ここは心を鬼して即らねばなりません。
なぜなら「後日会えるかどうかわからない」からです。

友達の紹介や合コンならまだしも出会いのきっかけが「ナンパ」
→まともな友達なら邪魔される可能性が高いです。
ってか俺でも止めますw
女友達がナンパで知り合った人と会うとしたら。

そして合法的な範囲なら即ることは必ずしも女性にとって悪いことではなりません。

女性がワンナイトを嫌がる
(ように見せているのは)
・軽い女と見られたくない
という理由が大きいからです。

つまり別にタイプの男性であればワンナイトを過ごすことは嫌ではない女性も多数おります。
→ストライクゾーンに入るよう見た目、トークを鍛える必要がありますが。

そして即ることができれば、基本的によほどアフターケアがダメでない限り、高確率で後日会うことができます。
故に即ること=善
と考えるようにしましょう。

「信じられるか!」って人は仲の良い女友達に聞いてみましょう!

結構、寛容な答えが返ってきます。
「タイプならオッケー」とか。

チャラくいく


何事も出口、ゴールからの逆算が大事です。
考えていただきたい。

くそ真面目そうな男性が誠実に声掛けしてきて、お茶にいったあとにホテルにいこうと言われたらどう思うでしょうか。

「え、お前そのつもりだったの??」
と思うことでしょう。

なので、ゴール(即)を考えた場合、
「チャラくいく」
ことが何よりも寛容です。これは時間的な意味でも重要なポイントです。

声掛け=10分
連れ出し、後日デート=90分

であることを考えると即る可能性が低い人に9倍もの時間を掛けるのは非効率です。

可能性が高い人を効率的に見つける必要があります。

そういった意味でチャラくいくことは「スクリーニング効果」(即れない女性を声掛けの段階で声掛けでうまくいかない効果)があると考えましょう。

すぐ連れ込めると思わないこと


上記で述べたように女性は軽いと思われたくない生き物です。

ブログなんかで
「ノーグダ(すんなりホテルオッケー)」な即もありますが、
基本的にノーグダは起こらないという心理状態で臨むことが大事です。

こういった心構えでいかないとホテルに断れるとパニックになるからです。

反対に「そりゃ1回目の打診は断るよなぁ」的なスタンスでいきましょう。
まともな返答です。

女性に華を持たせつつ、
「○○(女性の名前)は軽いとは思ってないよ。タイプだから打診するんじゃん!」
的な感じでいきましょう。

ある種、建前を作っておけば女性もそこまでグダりません。

そして最低3分くらいは粘りましょう。
私は過去に負けまくりましたが、1回打診がダメだと即座に放流(諦める)するという考えでした。
→頭の中で打診はノーグダという頭でいました。

60分以内でケリをつける


「自分のことを知ってもらえればきっと好きになってもらえる。」
そう思う男性が多いようです。

甘い!
と一刀両断せずにはいられません。

人は知れば知るほど興味が薄らいでいく生き物だからです。
ちょっとわからないくらいの方が自分に対して興味を持ってもらえます。

そういった意味で2-3時間も女性と同席することが短時間で深い関係を結ぶのに非常に不利なんだ
と思うようにしましょう。

どんな人なんだろう?→知ったから満足→帰る
ってことがよくあります。

結果が知ったサッカーの試合をフルタイムでみたいのと一緒です。
タイムマネジメントを大事にしましょう。

タイプの女性を連れ出したからって一緒に楽しんでしまったらゲームオーバーです。
男性は楽しむ側ではなく、楽しませる側ということを肝に銘じましょう。

彼氏持ちでも気にしない


彼氏がいる=即ることはできない

と思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

特にある程度以上、可愛い女性になると彼氏持ち「でない」方がやっかいなケースすらあります。

てか世の中すべての条件が完璧な人などいません。

付き合っていれば大なり小なり不満はあるでしょうし、カップルは赤の他人同士なので、当然喧嘩することもあります。
だって家族だって喧嘩したりするっしょ?

ナンパについてきている時点で何かしら満たされていないわけです。
・日常に退屈してる
・彼氏に浮気された
etc・・・・

なので女性の建前に動じないようにしましょう。

同様に
「ワンナイトの経験ない」
といっても気にせずホテル打診するようにしましょう。

今まで数え切れないくらい
「私ナンパに付いていったことないんだけど!」
って女性を即ってきました。聞き飽きましたw

ムードを作る


・開放的な場所であればボディタッチ
・閉鎖的な場所であれば静かなトーク
を展開するよう心がけましょう。

この辺はスタイルによりますね。

特に「デートする場所はどこでもオッケー!」って人が多い印象です。

女性は雰囲気に弱い生き物です。

雰囲気が良いお店のチョイスができるよう繁華街で10個くらいは店を押さえておくようにしましょう。

多いのですが、ファミレスや鳥貴族は基本的に雰囲気が作れないのでNGです。
→よほど男性側のことがタイプでないとホテルに連れ込めないものと心に刻みましょう。

特に開放的なところなら良いのですが、あまりヘラヘラしないようにしましょう。

笑い=面白い人=即れる

と勘違いする人が多いのですが、雰囲気がある男性の方が即れる率は高いものです。

笑わせすぎると基本的にはムードが作れなくなるので気をつけるようにしましょう!

ネットで打診の練習をしまくる


初心者は特にそうですが、
連れ出しつまり居酒屋やお茶へ連れ出すことは非常に難易度が高いです。
人によっては1ヶ月1人という人もいるでしょう。

そんな貴重な機会のホテル打診には非常に高い緊張感が伴います。
下手したら心臓が止まるんじゃないかというくらい緊張します。

ってか講習の経験上、しない人が多いです。
貴重な機会なので「次回に取っておこう」的な発想になるのです。

しかし、即るためには心を鬼して打診することは既に上記で述べました。
打診の練習のため、まずはネット(出会い系アプリ)で練習しましょう。

ネットであれば定期的にデートを設定することができます。
個人的な感覚としてネットで10人くらい経験してからストリートで打診するくらいが良いでしょう。

そのくらいストリートは難易度は高いです。
いきなりラスボスからいくことはありませんw

ホテル打診のセリフを決めておく
「アドリブ」でいこうとするといざホテル打診の段階になってパニックになりがちです。

打診のセリフを予め固定しておくことが特に肝要です。

「疲れたから少しあそこ(ホテル)で休んで行こうよ」
「アットホームなバー(家のこと)に行こうよ。店長がエロいけどw」
「めっちゃいい女だから抱きたい」(敢えて男らしく)

ってな感じです。
セリフの1つ1つのこだわる必要はありません。

一番ダメなのはナヨナヨして
「ホテルにいくのだめ〜?」とか聞くことです。

このようなセリフだと成功するこものも成功しなくなってしまいます。

前提として
・男らしく直球
or
・ホテルとはぼかしつつユーモアを持つ
ことが大事です。

女性に判断を委ねないようにしましょう。
繰り返しますが「行っていいー?」なんて聞いたら100%断られると思いましょう。

許可をとることが必ずしも良いわけではありません。

ってな感じです。
以上、 即ることについて語ってみました。
いかがだったでしょうか。

ナンパの1つのゴールである「即る」
醍醐味でありますが、結構難しいものがあります。

なので上記で書いたことを1つ1つ実践すると必ず即ることができます。
良いナンパライフを!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.