大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパの正しいゴール設定法│楽しむことが目的だと成長しないって話

2018/07/05
 

ナンパは何を持ってゴール(成果)とするのか?
これは大きなテーマでしょう。

人によって異なることは重々承知しています。
1.声掛けすること
2.連絡先を交換すること
3.デートにいくこと
4.体の関係を持つこと
5.彼女化すること

よく聞くのは主に5つでしょうか。
個人的には4-5は必須という認識です。
(男性の大半はそうだと思いますが)

楽しいだけだと成長しない


楽しいだけならキャバクラに行った方が良いです。
楽しいことの一番の問題として、「反省しなくなる」ことです。

「楽しい」ってのは刺激なので、刺激がなくなったら人は努力しなくなります。

娯楽程度で挑んでもナンパで成果が出ることは決してありません。

何より経験談として
「楽しいからいいや」
という名の下に次への改善をしなくなるケースを今まで数え切れないくらい見てきました。

反対に
「成果が出なくて悔しい!」
って悔しがっている人はほぼ例外なく成果が出てきました。

悔しければ次から改善しようと努力しますから。
ただあまりに成果に焦点を当てすぎることが良いことなのでしょうか。

即ることは女性を楽しませる手段の1つにすぎない


一生懸命やりすぎると成果が出にくくなるのがナンパの難しいところです。

営業で言えば、営業成績を残そうとしてガツガツ営業してお客さんに嫌われてしまう的な。
他の例えでいえば服を買いに行った時、自分の希望も聞かずに流行りの服だけおすすめされても買いたくなくなりますよね。

故にナンパは
「男らしく楽しませる」って意識でやると返って成果に結びつきやすくなります。
楽しませる手段の1つにゲットがある的な。

なのである程度ナンパを頑張ってる人、1ヶ月200人以上声掛けしている人は
「女性を楽しませる知識」の学習をおすすめします。

声掛けだけでなく、
女性が喜びそうな旅行情報、お店を知っていると女性のこちら側に対する興味が一気に倍増します。
反対にこういった情報を知らないと「ただ切り返しがうまいだけの人」になってしまいがちです。

切り返しだけで差別化するには超人的なコミュニケーションがないとできません。

これも難しいもので、反対にガツガツしなさすぎるとココ一番でゲットできなくなります。

ナンパする上で邪魔になるもの

他人の成果など嫉妬するな


ナンパをやっていると始めてすぐに成果を出す方々もおります。
見た目orコミュニケーション能力が著しく優秀であればナンパ歴を問わずに成果を出すことはそう想像に難くありません。

あと上には上がいますからね。(反対に下には下がいます。)
特にTwitterやブログをみると、ありえないくらい成果を出している人が散見されます。

ただこれは一握りにすぎません。
大半は1日中、街へ出てもゲットはおろか連絡先さえ交換できずに街を去っていくものです。

まぁ狭いナンパ業界で一番になりたいのなら、嫉妬してそれをエネルギーにするのもいいですが、
そんなことにエネルギーを費やすなら、その嫉妬する相手に自分の改善点を聞く方がはるかに建設的でしょう。

原因と結果を見極める


今まで400人以上の講習生を見てきてある程度の客観性があると自負しています。
しかし、一般的にナンパをガチでやっている人をマジマジと観察することはそうはないでしょう。

観察していない人はTwitterやナンパブログを見すぎると原因と結果を取り違えることが多々あります。
例えば「イケメンだからこのトークが刺さった。」のに「このトークをすれば刺さる」ってことになってしまうからです。

参考にしている人がいれば、できる限り会ってみることが重要です。

成果を出している人は
・見た目のレベルが高い
・コミュニケーション能力が高い
・やたら押しが強い
・活動時間が長い
・ナンパする場所から家まで近い
・コンビ相手が無数に選べる
などなど必ず要因があります。

ってな感じです。
これを把握してないと地獄を見ます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.