大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパで声掛け・ホテル打診が怖いのは理性が原因│地蔵や打診に移るための突破法

2018/07/06
 


道行く美女、誰しも「声掛けしたい」と思うのが男性ではないでしょうか。

しかし、現実に声掛けしようとしてもできない。
そこに「地蔵」という現象が立ちはだかります。

地蔵。緊張して声掛けすることができない。
ナンパで失敗しても失うものはないのに。
頭でわかっていても声掛けすることができない。

他にもホテル打診。
「ホテルに行こう」と言いたいのにメンタルに負荷がかかって打診できない。

今日はそんな心理的な障壁に関する理論をつらつら書いていきます。

ナンパと理性

理性とはマインドである

長きに渡りナンパ業界に身をおき、そして数百人もの講習生を観察した結果、そういった結論に至りました。

「街中で声掛けするのは社会的に非常識」
っつー認識はよほどクレージーな人なら持っていることでしょう。

そしてそれこそが地蔵の根源的な原因だったりします。
「知らない人に声掛けする」こと自体で地蔵はしません。

例えば目の前の人がハンカチを落としたらためらいなく
「落としましたよ!」と声掛けすることができるでしょう。

そこには声掛けする「正当な理由」があるからです。

正当。これこそが理性だったりします。
この理性こそがナンパの最大の障壁になります。

ホテル打診にビビるのも理性の問題
これは私の長年の課題でした。

連れ出しはできるけどホテル打診がうまくいかない。ビビってしまう、、、、

頭のどこかどころか根幹的な部分で
「会った日の当日にホテル打診をするのは失礼」
というのがありました。

すると頭でわかっていてもどうしても怯んでしまいます。
これは他の多くの講習生で見られた現象です。

立ちはだかる以上、立ち向かっていかねばなりません。
では、どうやったら理性を変えられるのでしょうか。

理性を突破するために

習慣化する


ナンパをしたことがある方ならわかると思いますが、
期間を空けずにナンパ活動を続けると地蔵しにくくなります。

それは日常的に行うことで理性が書き換えられるからです。
私ですら1週間ナンパしないと地蔵に戻ってしまいます。これは他の凄腕達も同様でした。

理性とは日常に置き換えれるかもしれません。

集団で行う


これも経験ある方ならわかりますが、ナンパする際に集団でいると地蔵しにくくなります。
気が大きくなるからです。

これは1人になると途端に心細くなりますからねぇ。
人間って社会的な生き物なんだなぁと痛感します。

お酒を入れる


酔うと地蔵しなくなります。
理性をつかさどる大脳新皮質の活動が鈍くなり、本能や感情をつかさどる大脳辺縁系のはたらきが活発化するのが「酔い」の初期状態です。

酔っ払うと性格が変わる人いますよね?
ある種、酔っ払った姿こそがその人の本性なわけで。

なのでお酒を入れて、集団で、日常的に行うことを
単独ないし掛け合わせると理性をうまく取っ払うことができます。

根源的な解決としては日常的に行う必要がありますが。

理性を取っ払うために即効性があるもの

習慣化するには仕事次第ですし、
集団でやるには周囲にナンパする人がいる必要があります。

となると理性をコントロールするにはお酒を飲むのが今のところのベストです。

理性というやつは本当に強力ですから
これを根性論で突破しようとすると非常につらいものになります。

一度「理性をすぐ超えられない」ということを受け入れて時にお酒に頼るのも大事です。

ちょっと地蔵した時はストロングゼロを入れるとか
ホテル打診の前、お店にいるときこっそりウィスキー飲むとか。

使えるものは何でも使った方がいいです。

理性の源は家庭環境にある


真面目な人はやはり真面目な家庭で育ってます。
そして特に母親の存在。これの影響が本当にでかい。

教育によって
「ここまではやっていい」
「ここからはやってはダメ」
というのが条件反射レベルで刻みこまれています。


チャラくいった方がナンパは有利なのですが、
これを真面目な人にやらせてもすぐにできませんし、下手すれば数ヶ月以上かかったりします。

幼少期から青年期にかけて深層心理の深い部分まで真面目であることを肯定しているからです。

私自身、絵に書いたようなくそ真面目な家庭で育ちました。
暗黙の了解として20時までに帰ってくるとか。時間にやたら貴重面とか。

おかげさんでマナー面は深層心理レベルで良い感じになりましたが、根本が真面目すぎてナンパでは大いに苦労しました。

おかげ講習をやる時は共感ができたりするわけですが。
何が幸いするかわからないものです。

そういった意味でナンパしている最中に
「自分の感情を書き出す」ことも1つの手です。
どんなことに心理的な壁があるのか把握しやすくなります。

そして根性論ではなく、環境や仕組みで問題を解決するよう意識しましょう。
最後は根性論かもしれませんが、何でも根性論で片付けようとすると精神的に相当きつくなってしまいますから。

っつー感じです。
ある種、ナンパのマインド面の根幹部分をなす話なので壁にぶつかったらこの記事を読み返してみましょう。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.