大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

女性からLINEが返ってこないのは脈なし?その理由を解説!

2018/06/24
 

ども!パックマンです。
「LINEってなんて送ったらいいんだよ〜。」と思う男性はきっと多いことでしょう。

では返信が来ないなぁと原因を書いていきましょう!

そもそもタイプじゃない


要は足切りということです。
ストリートナンパならまだしもBarやクラブだとLINE交換のハードルは低いもの。

するとLINEを交換してもメッセージがつながりません。
ストリートはある種最初のハードルが高い故にLINE交換をすれば後々つながりやすいかもしれません。

注意していただきたいのは「LINE自体に問題はない」ということです。
LINE交換の前の出会い方に焦点を当てた方が良いです。

ストリートナンパでLINEが続かないことのほとんどは「無理矢理LINE交換しているケース」が圧倒的に多いです。

よく
「ブロックしていいからLINE交換しようよ」
ってのはある程度の関係性が築けていれば良いですが、
築けていない場合は本当にブロックされて終わるだけです。世の中は厳しい。

ほとんど連絡先がつながらない人はLINE交換前にフォーカスを当ててはいかがでしょうか。

次はLINE自体の話へ移行します。

 

「主語が」女性でなく自分


自分に興味を持ってもらいたいと思うのは、相手に好意があるからこそ
もっと見て!知って!と言わんばかりにアプローチしたくなる気持ちもわかります。
ですが、「主語が俺」タイプの男性はすぐ自分の話をしだします。

こちらが興味を示したり、良いリアクションを取るとノリノリになってしまい
こちらの話には「そうなんだ~」「へ~」でさらりとかわし

気付けば長文の俺トークでLINEの既読を付けるのも躊躇してしまう程にエスカレートしてしまうことも…
ガツガツ来られ過ぎてもこっちは一歩引いてしまいますし相手も事も知りたいけど、自分の事も知ってもらいたいです。

「主語が俺タイプ」は自意識過剰気味な人が多いので勘違いされては、少し面倒な事になるかもしれません。

「こういうタイプ、私は無理!」と思ったらちょっとわかりやすい位に距離を置いて接する事をオススメします。

女子的な絵文字と返信の速さ


こちらが送信したと思った瞬間にすぐ返事がくる男性っていませんか?
しかも絵文字も凝ってて、スタンプも多様に使いこなし、沢山所持しているタイプ。

スマホにがっしりしがみついて、まるで女子高生もびっくりな速度で文字を打つ姿に豆なのは良い事ですが、休む暇なく返信してこられてはあなたの生活リズムも狂ってしまいますよね。

もちろんマッチングアプリのように飽きるのが早い場合は返信が早いケースが良い場合もありますが、LINEではそれが仇になる可能性があります。

会話力が優れていると、女子にはこんな返事がベストみたいなマニュアルが頭にインプットされているみたいで「こういうやりとりに慣れてそう」と、付き合った後もコソコソ他の女性とやりとりしそうな怪しい匂いすらしてしまいます。

上手い事を言って、自分のペースに持っていくのが得意なこのタイプ。

来るもの拒まず、去る者追わず思考が強い傾向にあるのであなたのペースが崩れる前に、興味がないならスッとフェイドアウトがいいでしょう。

マメさが仇になるケースです。

いちいちキザ過ぎる


最初の「主語が俺」と似たタイプです。
普通に会話をしたいのに、常に一工夫をし、「何かググって引用した文ですか?」と突っ込みを入れてしまいたくなるような

名言やポエム、時には歌の歌詞まで送ってくる男性。自分に酔ってるかっつーのw

このタイプが苦手な人、少なくないのではないでしょうか。
重要な事を聞きたくても、こんな返信をされてはその後の返事にも困りますし、はっきり言ってめんどくさくなってしまいますよね。

自分に酔っている俺を見せたいこのタイプ。
返信したくなくなる気持ちが大きくなり、通知オフにしてしまいたくなる位ではないでしょうか。

読んでいて疲れる位に、無駄な改行が多いのも特徴です。
そのため、強調したい部分が全くわからないどころか何を言いたいのかすら、
わからなくなってしまう文の作成に、情熱を注ぐのが大好きな、謎なアーティストタイプ男性。

ネガティブで重い


まるで自分が、心理カウンセラーにでもなった様な気分にさせる世界へと誘う
ネガティブメール大好きなこのタイプ。

深い話=善、のような価値観の可能性が大きいです。
付き合ってもいない関係で、このウエイトはかなりヘビーですよね。
ってか付き合い始めでもこれはきつい・・・・。

励ましても励ましても、前向きな返信がないのはこちらとしても、どんどん返信するのが苦痛になってきます。
付き合ったらこれがずっと続くのかと思うと、ちょっと気が引けてしまいます。

話を聞いてあげるのがうまいあなたに優しくされるのが、最高に心地よいのでしょうが
サクッと関係を切ってしまうのも何だか罪悪感まで生まれてしまいます。

一緒になって落ち込んでいると、どんどんネガティブに火がついてしまうので

関係の無い話や、面白い話などをしてあまりダークな部分には触れない様に接するのがいいのかもしれません。

マメじゃないLINE


上記で返信が早すぎるということは問題と書きましたが遅すぎるのもNGです。
何事も過ぎたるは及ばざるがごとし・・・・。

返信が遅いと「私のこと、本当に興味あるのかなぁ?」って思わせてしまいます。
中には「返信が早い=媚びる」と勘違いされる方もおりますが、そこは加減次第ですねぇ。

特に女性は自分が行くのはあまりないと思った方が良いです。
自分がある程度、肉食でいかないとよほどのことがない限りついてきてくれませんので、心して臨みましょう。

特に一回デートしたあとにテキトーになる方は多いのでむしろ返信が早いよりは遅すぎる方を注意しましょう!

男性も傷つきたくないのと同様、女性も傷つきたくないので汚れ役は男性が背負う勢いいきましょう。

質問攻め
「普段は何してるの?」
「出身は?」
「血液型は?」
といった感じで聞きまくるのはよくないです。

相手を主役にするのはとても良いことですが、かといって質問攻めにしていいわけではありません。
イメージですが、自分:相手=1:2くらいのバランスが良いでしょう。

このくらいであれば適度にLINEのラリーが続きます。

また前にした質問に関連のある話をしましょう。
「血液型」
「出身」
だと脈略がないので、まだ
「血液型」
「性格」
といった流れにしましょう。

会う前に時間をかけすぎ


LINEは極論文章にすぎません。暖かいうちにデート、アポにつなげる必要あります。

アプリでいうとデートを取り付けるまでに2週間以上かけるのはNGになります。
ストリートナンパでも同様になります。

去る者は日日に疎し、気分の高いうちを逃してはなりません。
どうしても都合がつかない場合は電話で心理的な距離を縮めるよう努力しましょう。

文字のやりとりよりも電話のやりとりの方が圧倒的な情報量を交換することができます。
面倒かもしれません。

しかし5-6本くらい電話を経験するとかなーり上手になります。
電話をするとデートまで辿りつく確率は飛躍的に高まりますのでできるだけ電話へ移行するよう仕向けましょう。

そして個人的にはすぐ会えるとしても事前に電話が必須だと思っています。
なぜなら「話が合わない相手と会わなくて済むから」です。

精神的に病んでいる女性を相手にしている時間がありません。
そしてあまりに性格が合わない女性も同様です。

電話であれば15-30分で費用もかかりません。
一方でデート、アポは往復時間を含めれば3時間はかかりますし、金銭もかかります。
是非、電話へ移行するよう頑張りましょう。

っつー感じです。
LINEはあくまでつなぎ的なところなので軽視しがちですが、講習でみるとけっこーミスりがちな感じです。
1個でも当てはまる方は拡大解釈してトークでもミスっている可能性が結構あります。

また究極的にいえばLINE交換前に良い印象を与えておけば多少雑なLINEをしてもラリーはぽんぽんつながります。

ただ中長期的な関係を築くためにはLINEスキルは絶対に必要です。

上記いろいろ書きましたが、一番大事なのは
「女性に合わせる。」
ということです。
自分本意になるんではなく、女性を楽しませるスタンスでいくとスキルがなくてもうまくいきやすいものです。

誰しも自分の話をしている時はLINEでもトークでも楽しいものです。
ただそれは女性も同様だったりします。

少し自分を押し出したい気持ちを抑えて相手を楽しませる発想をするようにしましょう。

ってな感じです。それではまた!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.