大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

Good GenesとGood Dadの意味│ナンパ講師の考察【恋愛工学】

2018/06/19
 

ども!パックマンです。
私のところへ来てくれる方は恋愛工学がきっかけでナンパの世界に興味を持った人も多いです。

数々の理論、単語を打ち出した恋愛工学。
その中で最も注目すべきは「Good Dad」「Good Gens」でしょう。

「Good Dad」
要は「良いパパになりそうか?」ということです。
・家庭を大事にしそうか。
・年収が良い
・学歴が高い
・安定した職業に就いてるか
・優しい

といった感じです。

「中長期的な関係が築けるかどうか。」
と言い換えても良いでしょう。


「Good Gens」
要は「遊んでて楽しい」ってことです。

・顔が良い
・身長高い
・筋肉質
・足が長い
・楽しいデートスポット知ってる

遺伝子的に優れているor男性として魅力的であるかって能力です。
「短期的に惹きつける能力が高い」とも言えます。

一般的なイメージとしては人数比は
Good Dad:Good Gens=95:5

圧倒的にGood Genesが多いです。

Good Dadは長距離走、Good Geneは短距離走

陸上選手を見てもわかる通り、同じ「走る」という競技でも全く筋肉のつけ方が違います。
それぞれ競技に求められる筋力、スタミナを極限にまで合わせた結果でしょう。

それと同様に恋愛市場において
短期的に女性を惹きつける能力、中長期で女性を惹きつける能力はまるで違います。
それぞれ短期的に求められる能力、中長期で求められる能力が異なるからです。

それはGood Dad,Good Genesで述べたところでもあります。
そりゃワンナイト過ごすだけの男性に学歴は求めませんからねぇ。

ちなみに既に結婚している実兄から
「結婚する前は魅力的な部分も結婚した後に短所になることもあるんだ。」
「結婚前はサーフィンとか多趣味だと楽しいけど、結婚後は多趣味すぎると家計を圧迫するから。」

中々良いことを言うなぁ兄貴。
ちなみに兄は完璧なGood Dadです。

優しいは遅効性、Good Dadが不利な時代へ

最近はセクハラ問題などもあり、職場の女性に気軽に近寄れない時代になりました。
そして昔なら世話をしてくれたであろう近所のおばちゃんもいません(さすがに昔すぎか)

ってことになると求める出会いの場所は外部になります。
それが合コン、ナンパ、出会い系、パーティーといった場になります。

そうなるとどうなるか?
Good Dad系Good Genesの遊び人がすべてを持っていくことになります。
ハイスペック系遊び人です。
男1人で何人もの女性をかっさらっていきます。

ここで相手にされない男性は思います。
「俺は性格は良いのになぜ!?」

ここで残酷な真実。
「優しい」って能力は段々と伝わっていくもので、短期的に伝わるものではありません。

いきなり過度に優しくても女性に「気持ち悪い」って思われるだけなので。現実は厳しい。

そして上記で述べた通り、Good Dadで人数多いんですよ。
恋愛市場は完全な市場経済、完全歩合制です。

人数が多い(供給が多い)と価値が落ちます。そりゃGood Genesがモテるわけです。

Good Genesになろう

先天的な目が大きい、背が高いはどうにもならないかもしれません。
しかしながら後天的なGood Genesを身につけることは可能です。

髪型、服装、眉カット、スキンケア、筋トレ・・・・
結構やれることは多いです。

特に髪型、服装、眉カットは1日でできますし、
スキンケア、筋トレも6ヶ月くらい頑張ると相当他者と差別化できます。

私の師匠がいってましたが、
「口は嘘をつく。行動こそがすべてだ。」ってこことが耳に残ります。

本当にモテたいのであれば見た目にも気合いを入れるべきでしょう。

私は今髪型から靴まで自分が好きなものはありません。
ただ「女性が好きそうな格好だから」という理由で今の服を来ています。

女性が好みを判定する審判であるので仕方がありません。
どんな豪速球もストライクゾーンに入らなければ意味がないのです。

女性を感動させるために
これは別の師匠が言っていました。

「人はなぜ感動するのか」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それはギャップだ。ギャップがないことに人は感動しない。」
これは名言です。

優しそうな見た目をしたリーマンが優しいことをしても当たり前なのです。
金持ち社長にご馳走されるより、金がない新卒の人にご馳走された方が感動するのと一緒ですねぇ。

ゆえに
「チャラそうなのに優しい。」
「一緒にいて楽しいのに家庭も大事にしてくれそう。」
といった属性を身につけると良いです。

Good Dad,Good Genesの両方の資質を持った男性は非常に少ない。
ぱっと思うに1%もいないことでしょう。

Good Dad→Good Genes
誠実そうな人がチャらくなろうとするとアイデンティティの崩壊を起こしかけます。
モテそうな人に追い込んでもらうのがベストです。

Good Genes→Good Dad
いつでも遊べる彼らが家庭を大事にするということは相当難易度が高いです。
「いつでも遊べる」がゆえに1人の女性を大事にすることが相対的に難しいからです。

Good Genesの連中は一般男性がオ○ニーする感覚で平気でSE/Xできやがるので。
残酷ですが、これは真実です。

自己経験から
ナンパを始めようとした頃、「お前は結婚向きだからナンパに向かない。」と全員から言われたものです。

しかし、ナンパに没頭すること2年、Good Genesの要素を磨き上げた結果、「俺はモテない」といった感覚は消えました。
自宅に呼べば何人かの女性は来てくれますし、そのことに別に自慢と思うこともありません。

そして自分自身が恋愛講師になって何百人も指導するようになって「数ヶ月で人はGood Genesになれる。」という確信もあります。

本物のチャラ男になることは難しいです。
しかし、本物のチャラ男(Good Genes)を天才とすれば、努力すればその一歩手前の世界を見ることは努力で可能です。

男性に生まれたのであれば、女性に困りたくないものです。
努力の末、あなたが良き女性をゲットできるようお祈りしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.