大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

ナンパにおける失敗の定義|トークでやりがちな下手打ちの事例

2018/05/10
 

ども!パックマンです。

今日は失敗について語ります。

失敗の考え方

基本的にナンパは「辞めない限り失敗はない」という考えです。
なぜなら成功するまでの道のりで失敗はつきものだからです。

しかしながら現実世界はそうは思われていないようで、

成功者は1回も失敗することなく、成功まで一直線でうまくいった。
or
才能に恵まれて、ほぼ失敗せずに成功した。

という概念をお持ちの方が多いこと、多いこと。

しかし、どのビジネス書にも書いてありますが、
成功した人は失敗した量が桁違いに多いと共通点があります。

 

一番の失敗はナンパ自体を辞めてしまうこと

です。
1年以内に辞める人が全体の95%を占めます。

理由第一は成果がでないことです。
しかし、待っていただきたい。

本で読みましたが、
ある活動を続けている限り、それにまつわる部分は発達し続けるor維持される
ことが証明されています。

ナンパでいえば、話し方・見た目がこれに当てはまります。
私自身、ナンパを始めてからかなり向上しました。

例えば酔っ払っている時ですら
「自分はどんな表情で話しているのか。」
すら気にするようになりました。酒で顔の表情筋が緩むからです。
(気にしすぎかもしれませんが)

意識する→経験として確実に能力は積み上がります。

ということで、1年こっきりで良いので活動を続けていただきたい。
必ず対女性能力は向上します。

全体的な話はここまでにします。
個別具体的にいきましょう。

トーク面

打診(要求)のタイミングが早すぎる

一番の多いのがこれです。

会話が始まるやいなやいきなり
「飲みに行かない?」「連絡先を交換しようよ。」
といった感じです。

営業でいえば、会話してすぐに営業用パンフレットを見せるようなものです。

「こっちのニーズを聞いてないやん。」
とシラけることでしょう。

笑わせることに集中しすぎる

これもナンパ特有です。
ナンパ=笑わせる、という意識が強すぎて会話がダダ滑りすることがあります。

話を聞くことに集中するようにしましょう。

必ず笑いをとらなければ!という人は95%くらいの率でナンパを失敗します。

面白いことは封印!くらいの勢いで行きましょう。
女性が言うと「面白い人が好き」は建前くらいでいきましょう。
我々凡人がいかに面白いことを意識しても上限はたかが知れています。

これは私が証明しました。
ナンパを始めて1年半もの間、笑いに走ったナンパをしましたが、成果は良いとはいえませんでした。

デートする場所

トークだけに頼らない
これも落とし穴です。
ナンパの連れ出し先の費用を抑えるために鳥貴族に連れていったことはありませんか?

恥ずかしながら俺はあります。
トークさえうまくいけばお店はどこでもオッケー!ということは決してありません。

鳥貴族に連れていこうものなら
「こいつ手を抜いたわー。」と思われる確率100%です。

なぜか他の男がしないことを意識
→キャバ嬢系に安い店に行くのは愚の骨頂です。

女性が非日常感を味わえるようなところへ連れて行きましょう。
値段はそこそこでも構いません。

変な居酒屋で3000円
おしゃれなカフェで2000円

後者の方が100%喜んでくれます。

魅了しなければならない

これも大きな失敗の1つでした。
「食いつき」という表現でもいえますが、果たして魅了しないとホテルに連れ込めないものなのでしょうか。

答えはNoです。
女性だって人間、様々な人間でSE/Xするものです。

彼氏とうまくいってない。
ナンパした男がたまたまタイプ。
酒を飲んだ勢い。
真面目に見られたくない。
欲求不満。
ストレス過多。
処女捨てたい。

などなどです。
400人以上をナンパで指導してきましたが、トークだけで魅了することは並大抵のことではありません。

想像の100倍くらいのトーク力ってか経験が必要です。
其れ相応の人生経験が必要になったりします。

魅了具合が足らないからといってホテル打診をしないことはもったいないです。

何が何でも打診しましょう。

誠実は女に舐められる

ナンパ=迷惑行為→嫌がられるんじゃ・・・?
と思い丁寧にいくのは常識人的にやむをえません。

しかし、これが全体的に丁寧にいくと女性に舐められることになります。

私は特に後日のデートで過度に丁寧だった(そういうつもりはなかった)ので、女性に舐められまくりました。
舐められていなくても男性として見られていなかったという過去があります。

結果、ストリートで負けまくりました。

ホテルに連れ込む際に女性に決断させてもらうわけですから、
ある程度、男性が優位にならなければなりません。

最初は低くてもいいのですが、最終的に自分が優位になるよう心がけましょう。

これでかなりホテルへ連れ込む確率は高くなります。

次がある

ある程度デートがうまくいけば次への確信が生まれそうですが、
ナンパだと婚活パーティー、合コン、出会い系などと比較してびっくりするほど次につながりません。

ナンパというチャネルが低く見られていることが原因です。

「今日はホテルに連れ込まないと次はない」
という意識を持ちましょう。

ってな感じです。

失敗についてはできれば誰もしたくありません。
しかし、失敗は活動をしていく上でどうしてもつきものなので、

失敗=成功への要素が1つ積めた、と思うようにしましょう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.