大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

渋谷でクラブナンパ・アトムでお持ち帰り!グダ崩しに4時間かかった話

2018/09/09
 

ナンパ業界には業界用語ありまして、

場所を指し示すものでも
・犬→渋谷
・獅子→新宿
・丘→六本木
ってな感じ。

そしてクラブの名前も
・鉄腕→アトム(渋谷のクラブ)
・色箱→カラー(六本木のクラブ:今はもうない)
っつー使い方をします。

時代は渋谷へ


昔コンビを組んでいたゴールドから連絡。

「今は六本木は死んでるんで、最近は渋谷のが多いですねぇ。最近暇してるんで、いつでもいきましょう。」
とのお話をいただいた。

確かに最近の六本木の閑散っぷりはひどい。

クラブ内はもちろん路上でもあんまり旨味があるとは思えない。
→ナンパしたい女性がめっきり減っているので。

季節的なものもあるかもしれない。

しかし、あまり気乗りしない私。
なぜなら渋谷のクラブを苦手としているからだ。

年齢が20代後半になってくると渋谷より六本木の相性が良くなる。
→六本木の方が女性の年齢層も渋谷より高い。

そして女性は格上の男性に抱かれたいもの。
そういった意味で相対的に六本木の方が有利に立てるわけだ。

で、渋谷の路上で結果出した私ですが、渋谷のクラブに関しては相性が悪い印象。

クラブでの即のほとんどを六本木で叩きだしていた。

とはいえ、渋谷のクラブで行っていたのも1年半ほど前・・・・・。

何か傾向的に変わっているのかもしれない。
ものは試しと思い渋谷に参上。

理性を打っ壊せ


久々に相方ゴールドと対面。
彼は既にコカコーラ+ウィスキーを決めていて上機嫌だった。

私も同様にウィスキーを決めに入ります。

なぜお酒を入れる必要があるのか?
それは自分の理性をぶっ壊すために他なりません。

クラブでは多少強引な方が結果が出やすい。
(あんま強引だと警備員にしばかれるけど)

しかし、まともな人間なら理性が働いているため、中々強引にいくことはできません。
そして躊躇がある<躊躇がない、って図式です。

やはりさも当然と強引な方が女性にはウケるわけです。
そして根性論でやってもぎこちなさが出てしまうため、強力なお酒が必要だったりします。

平日のアトムで即った話


そして2人で渋谷アトムに参上。

巨大なクラブ、入ると1,000人オーバーでした。
週末の六本木のクラブばりに多いぞ!
平日でこれはすごい。

六本木の平日はどんなに多くても50人いかないからなぁ。

早速声掛け開始!
ウィスキーを決めている我々は声掛けに躊躇がありません。
そして熟練のコンビ芸、ガンガンに女性も会話に応じてくれます。

5-6組くらい声掛けすると反応が良い女性2人組に遭遇します。


4人でドリンクを飲んで乾杯。
→誰これご馳走するわけでなく、反応が良い女性だけご馳走します。

ゴールドとお互い担当を決め、それぞれ相性が良い様子。
キスしても嫌がりません。


ただここで私の担当の女性を見ると腕にロッカーキーが入ってました。
これはよろしくない。

なぜなら友達と荷物を同じロッカーで預けている可能性があるからです。
→これがまた連れ出し打診の際にネックになるわけで。

これは4人全員(私、ゴールド、女性2人)でクラブから連れ出した方が効率が良いぞ!
と思い、クラブからパックマン邸に移動します。

タクシーで移動すること20分。
ようやくつきました。ゴールドの担当も相性が良いようです。

家について乾杯!
準備に良さが光るパックマンです。
10分くらいしてゴールドが気をきかせて女性と2人でコンビニへ買い出しに行ってくれました。

・・・・バタン
ドアがしまったと同時に担当の女性をお姫様抱っこしてベットへ運びます。


キスはオッケー。
パイタッチもオッケー。
パイ舐めもオッケー。

しかし、どうしてもそれ以上を許してくれません。まいった。

15分ほど粘りましたが、応じてもらえず。

するとゴールドたちが帰ってきました。
外で即ったわけではなさそう。まだ戦いは続きそうな予感です。

今度はパックマンと女性が2人で買い出しにいきます。
・・・・・もちろん遠回りして。
ゴールドが即れるよう時間を稼ぎます。

女「遠回りしてない?w」

パック「気のせい!」

女「本当?w」

パック「本当」

女「疲れた、おんぶして!」

パック「はいー。」

おんぶを要求してくるくらい和んでいるのに、それ以上いけないのが解せません。

そして15分くらいして戻ってみると、ゴールドは女とイチャついたままでした。
どうやら即ってない様子。


ゴールドの担当はヤンキーっぽく、ゴールドに鏡月(お酒)を飲むように要求してました。

気がつよー。
そして俺にも酒を強要してきます。

ただでさえクラブで飲んでるのにこれ以上飲んだら意識を失いかねません。
とりあえず飲んでトイレに行って吐いて正気を保つよう対策です。


絶対に即ってやる。

ゴールドの方が即れる可能性が高いと思ったので、もう一度我々は買い出しに出かけます。
しかし、結局結果は変わらず。

そして時刻が午前5時です。
午前5時の意味合いは大きい。なぜなら始発が動き出す時間だから。


そしてなぜかゴールドの担当の女は帰ると言いだしました・・・・・・友達をおいて。

ゴールドは担当の女を送ると部屋から出て行きます。

そして残された私と女。ここからが死闘です。

30分くらいグダ崩しをしましたが、パイ舐め以上に進むことができません。
キレそう・・・w

しかし、これも自分の能力不足。
女と眠りに落ちます。午前5時30分のことでした。

目覚めると午前9時。
寝起きの女にギラつきますが、やはりグダを崩せません。

女は午後1時から仕事のようです。
あと家にいれるのも2時間くらいか。

ここから恋愛トークへ移行です。仕切り直しをすることに。

そしてなぜか私の過去の恋愛トークがぶっ刺さります。

女「意外に真面目な恋愛してきたんだね。ただのちゃら男だと思ってたのに。」

即れないと思った私は若干投げやりになりつつ、応対します。
そして女が汗かいたとかいうので、シャワーを貸しました。


即れない女になぜかシャワーを貸す状況が飲み込めませんw

スマホを見るとゴールドから即ったとの連絡が。
結局、自分の家に連れ込んだようです。

「寝起きギラ成功w」とのメッセージ。
「俺負けたー」とメッセージを返します。

シャワーを浴びること15分。
ドライヤーで髪を乾かすこと15分。
なげー。

一かバチかでギラついて見ると今度はなぜかグダなく、さっくり脱がすことに成功。

そして即った次第でした。

シャワー浴びてからの展開の早さにびびります。

・恋愛トークが刺さったのか
・匂いを気にする→シャワーで解決したのか

どっちが即れた理由かわかりませんが、何にせよ即りました。

なんとグダ崩しの時間は4時間!
過去最長でした。

女を見送るとメッセージで「今日はありがとう。楽しかった。」とのこと。

試合は最後までわかりません。

クラブナンパ の全容を解説

そしてここでクラブの解説をしましょう。

その前にクラブってどんなイメージですか?

・爆音の音楽?
・チャラい?
・お酒?
・男性怖い?
・ナンパ
などなどあることでしょう。

どれも正解です!

クラブ大好きな私はクラブへ数え切れないほど行きまして、
世間一般のクラブのイメージ、実際のクラブのイメージでは大きな乖離があることに気づきました。

ここに2016年下期、半年間で100回以上クラブに行った私がクラブを考察してみました。

実際にクラブにいる人々


(こんな人はほとんどいない)


大半はどこにでもいる人である。

もちろんストリートをやる人より派手な印象。

しかーし、注目してほしいのはクラブにいる人の格好、顔である。
格好は上記で述べた通り派手である。
だが顔については特段かっこよくない、要は雰囲気でごまかしている。

ってのが正直なところです。
格好もカッコよくて、顔もカッコいいなんて男性はそうはいない。

女性だってそうっしょ?服装も顔も良いなんてそうはない!
天は中々二物を与えずです。

なので
「クラブは好きだけど、チャラいクラブってとこ似つかわしくない・・・。」
なんてことなく遠慮なく行ってほしい。

なぜなら
“私は24歳まで童貞で30歳になるまでまともにクラブに行ったことがなかった”

別に何歳になってもいいじゃんって感じです。

世間に迎合するな!
自分の人生を突き進め!
やりたいことは何歳からやってもいいじゃん!
という考えです。

背景を理解する

クラブに行く女性の目的

端的にいうと
「非日常を味わいたい」
これに尽きます。広義にいえば。

日常生活って刺激ないし、男女問わずなんとなく退屈していることでしょう。
女性も一緒です。人生楽しみたい。

なので、中途半端なテンションでナンパをするのではなく、
全力で高いテンションでナンパした方が成功する確率は高いです。

お酒はマスト

女性に飲ませるのではなく、男性が飲みましょう。
シラフでやっているとテンションの高い女性に雰囲気で負けます。

ドーピングするつもりで潰れない程度に酒を嗜みましょう。

ストリートナンパは声を掛けられるけど、クラブだと緊張して無理っていうナンパ師も結構いるものです。

そして

クラブは一期一会ではない

これがストリートとの一番大きな違いです。
ストリートナンパは基本一度会ったら次会う可能性はけっこー低いです。

しかーし、別名「箱」とも言われるクラブでは一回だけでなく、二回、三回も会うことがあるのです。

一回目でしつこい印象、つまり変な印象を与えるとその時点でレッドカード、
それ以降、嫌われてしまう可能性があります。

つまり粘りすぎには注意ということです。

基本はコンビナンパ


女性一人でクラブにくるのはけっこー珍しいです。
基本は友達と来ていて2人組、3人組みのケースが大半です。

六本木V2では2人組以上ないと入れないクラブすらあります。
(以前、1人で意気揚々と乗り込んだらヨユーで断られ、
近くにいた女と何喰わぬ顔で友達のフリをして入ろうとしたら警備にキレられました。)

ということで、我々男性も2人組以上で乗り込む必要があるのです。

そしてここがクラブナンパの難しいところ、
「パートナーが見つからない」ということです。

なぜなら
・お金がかかる
・時間が遅い
・パートナーと好みが異なることが大半
っつー障壁があるからです。

2,3回やると意見が合わなくて終わるケースが大半です。

そしてここがチャンス・・・!

周りがコンビナンパできないので、自分がコンビナンパできればそりゃー相対的に強くなりますよね。

講習でクラブへ連れて行くことが多い私はある意味、最強に恵まれた環境にいます。
(この仕事をやってて良かった!)

コンビ組み放題ですw

コンビナンパのコツ

すげー簡単にいうと
「コンビ相手に結果を残させること」
です。これに尽きます。

誰でも利益を享受したいものですが、最初はパートナーに譲りましょう。
中長期的にみたらそっちのが絶対に良いです。

継続的に組んでくれるパートナーを探すのはマジで大変です。マジで。

ここは感情より結果を優先していきましょう。
組む相手によっては無双できます。実際にクラブ無双したことがありましたw

手柄の7割をコンビ相手に譲れば絶対に良いことがあります。

クラブは最後まで諦めるな


クラブはAM4:30~5:00に終わることが多いです。
ここでクラブが終了、だから帰る・・・・・は勿体ない!

クラブを終えて満足した女性陣が帰るわけです。
中には楽しみ切ってない女性もおり、ここぞ勝負時というところです。

クラブしかやってないとクラブ内でしか声掛けできませんが、
非常に勿体ない!本当に。

ここにクラブ&ストリートを同時にやる意味があるというものでしょう。

この時間、競合の男性陣はもう持ち帰ったor疲れて帰る気まんまんです。
ある意味で一番競争が少ない時間帯でもあります。

以前、講習生で朝10時まで頑張って連れ帰った、正確には女性宅に転がり込んだ実績があります。

最後は決意の問題という根性論でしたが、最後はそこです!
結果を残すというマインドをもって臨みましょう。

費用面の全体感


クラブナンパってどんなイメージですか?
・チャラい?
・ギャル?
・爆音?
・お金がかかる?
・楽しい?
いろんなイメージがあることでしょう。

それぞれイメージ通りのものもあれば、
現実は違うものがあったり、そして見る人やクラブによっても違うので、個別具体的なテーマは今後のブログで取り上げることにします。

上記の中で全員にかかってくるもの、それは「お金」ですね。
クラブっつーのは結構お金がかかるジャンルのものです。

 

1回1つのクラブあたり6,000円くらい見ておくとオッケーです。
クラブの入場料金2,500円〜3,500円
コインロッカー300円
女性とお酒を飲むのに2,000円
→合計6,000円と行った感じ。
(意外とかかりますよねぇ。)

 

しかし、この費用をもっと抑えたい!ということで安くする方法を下記に記載します。

クラブの入場料金と安くする方法


安いものでは1,000円、高いもので3,500円します。
午前0時or午前1時までにクラブへ入場すると半額になったりしますが、

半額にするくらい人が少なかったりするのであまり早い時間の入場はおすすめしません。
(時間に余裕がある人は別)
故に午後2時くらいの入場を意識しましょう。

その上で安くする方法を紹介!

ここでおすすめしたいのが2つ。

Twitterとアプリです。

Twitter

ツイートの検索で「クラブ名+ゲスト」って検索すると
まぁ出てくるわ、出てくるわクラブのゲスト。

ゲストって何?
って話ですが、要は紹介でクラブに行くことです。
DJが主にやってる作業です。クラブはDJを雇ってたくさんの人に来てもらいたい。

そして人気のパロメーターは良い音楽を流したどうかではなく、いかに人に来てもらったかです。
故に「ゲスト」という形でたくさんの一般人に来てほしいわけです。

で、正規料金だとゲストを使う意味がないので、金額を安くしてゲストを使ってもらうわけです。

代表例でいくと渋谷のアトム。
何もないと3,500円かかるところですがゲストを使うと1,000円で済みます(平日)

週末でも六本木界隈ではゲストが結構使えて、
だいたい1,000円引き〜2,000円引きほどでクラブに入場することができます。

アプリ


こちら「Neon」というアプリ。
https://neonapp.club/
これを使うと六本木にメインどころが月額制で入りたい放題という、、、、

なんと3,900円+税金(月額)

2軒くらいクラブへ行くと元が取れる仕組みになってます。

クラブナンパのためにあるアプリなんじゃねぇかと思うほどです。

デメリットは通常つくであろう1drinkチケットが付かないこと、クラブ側へあまり良い顔されないことくらいでしょうか。
(気持ちはわかるけど、ユーザーのせいでないと思うw)
お酒はコンビニで買って飲めばいいですからねぇ。

ってのが男性の話。

女性の場合、ほとんどが無料or1,000円以内のことが多い(週末であっても)
出会い系と同じ仕組みで、女性が多くいれば男性もそれに釣られてくるので無理からぬことです。

男性は有料、女性は無料であるが故、
男性は1つのクラブに釘付け、女性はクラブ間を移動しやすい傾向にあります。

コインロッカー

300-500円ほど。
路上にあるコインロッカーは200円のものもあります。

微々たる金額ですが路上にある格安コインロッカー200円を使うようにしましょう。
クラブのエントランスで預けると500円とか取られますので。

数百円ではありますが、非常に重要な点があります。

それは友達と行ったとしてもコインロッカーは別々に預けることです。
理由として、クラブで別々に持ち帰ることになったとき、荷物を出すのが大変になるからです。

そういった意味でコインロッカーは別々の方が賢明です。

自分の荷物だけ取り出したらワンチャン友達同士でトラブルになったりしますからねぇ。

といった感じ。
入場料金がそうですが単発でのナンパならゲスト
通い込むならアプリといった感じです。

正直アプリの方がコスパはいいです!
理由としてクラブ初心者は最初は慣れるだけで終わってしまうから。

個人的な経験則としては5,6回行ってようやく慣れました。
それもこれもアプリのおかげです。

っつー感じです!
素敵なクラブナンパライフを楽しみましょう!

それでは、また!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.