大手銀行員→1万人ナンパ→ニートになっても人生を面白くするブログ

六本木ナンパで会った変な女達と即の話〜チンコレする女〜

2018/05/10
 

ども!パックマンです。

即写メってご存知ですか?
ナンパで抱いた女の写真をとることですねぇ。

まぁ簡単にいうとハメ撮りの写真verです。
ナンパでいう魚拓みたいなもんですね。

とったどー!
みたいな。

グレーな匂いがするナンパ業界。
本当に即ってあるの?
って疑問に思われる方も多いでしょうが、即写メまでついていたら信憑性が一気に増すわけです。

さてさてナンパの話に戻しましょう。
ナンパを始めたら頃は主戦場は渋谷だった私。
活動して1年半が経つ頃には六本木へ移っていました。


夜の街ー六本木。
昼はビジネスの匂いしかしないこの街も夜になると騒ぎ出します。

そんな最中、一人の男がアポのため舞い降ります。
その名はパックマン。アラサーのナンパ講師である。

アポの女は六本木の夜の女です。
キャバ嬢ではなく、ランジェリークラブ的な感じです。

急遽、女から連絡が入り六本木にやってきた次第です。

待ち合わせ時間に到着。
いつものように女は遅刻してきます。

「いつものように」というのはこの女単体ではなく、女性全般です。
1つ付記するとナンパ関連で女が時間通りに来ること自体が異常です。
俺の中では女の遅刻は1時間以内は想定内ですw

まじで時間通りに来るという概念が女性にはありません。

こういう想定をしておくとストレスが相当減ります。

期待をするから外れると感情が動くわけで。
最初から期待しなければ感情はあまり動きません。

さらには
「奢ったからヤらせてくれるやろう」
「こんだけ笑わせたからヤらせてくれるやろう」
なんてことも期待はしません。

ナンパの中で人間関係の本質を悟りますw


さてさて向かった先は六本木のあるBarです。

女性は話すのが好きな生き物。
一方的に相手が話しまくり、それを私はフンフン聞きます。

話の内容はさておきリアクションだけに注意します。

同意してほしいのか
驚いてほしいのか
などなど。

一番してはいけないのは、女性に反論することです。

ホテルに連れ込んで出てきたチンコレ

話を聞くこと60分。
女の感情もヒートアップしてきたので、そろそろ退店します。

女とお客さんは満足したら帰るだけー。
これは私の中の鉄則です。

話してスッキリしてしまったら、もう我々男性は用無しなのです。

やや不満そうな女性の顔見てにんまり。
まだ欲求不満の顔だ。私はそう悟った。

店を出て手繋ぎ→そのままホテルinです。その時間5分。
多くの人がミスりがちですが、お店からホテルまでの時間を計りましょう!

徒歩10分以上はタクシーを使った方が無難です。
10分ちょいになると距離でいえば1kmくらい歩きますから。

ヒールを履いている女子に1km歩かせるのはちょっとキツイところ。
マナーもありますが、何より女性の熱を冷まさないことに意味があります。

そしてホテルin
ここまではいつもの流れでした。

プレイ開始。
ナンパ四十八手をかまします。高まる女の感情。

そしてパンツを脱ぐ私。
女「ちょっと待って。」

何だ、グダか?まだ口説く必要があるのか?

女はスマホを取り出します。
なぜだ??

女は私の顔ではなく、股間を撮り始めました。

女「ヤッた男のアレの写真を残してるんよねぇ。」

俺「おぉ、、、そうか、、、」

一瞬驚きました・・・・が、まぁ即写メ撮る男もいるし、驚きはしません。

興味本位で聞きます。

俺「どれが今まで一番よかった?」

女「コレ!」

嬉々として見せてくるフルパワー状態の男のアレの写真。

裏ビデオ以外、素人のフル勃○の写真を見る機会は中々ないな。

いや、講習生と複数プレイするとき見たことあったな。

「普通の生活をしていて、素人男性のフルパワー状態を見るのって普通ないよなぁ。」
少し感慨に耽りますw

俺「男のアレの何がよかった?長さ?」

女「長さもあったけど、角度かな。」

俺「角度ねぇ。」

女「あなたも良い角度してるよ。」

それを聞いた瞬間、自分のアレの角度が30度ほど上がったのはここだけの話です。

そして俺は長さに自信がありました。

長さ25cm。Mt.富士。

そしてプレイ続行。いざ本番です。

本番・・・・緩い!緩すぎる!

快感はゼロです。まぁいっか。たまにはある。

しかし、女の表情が変です。

女「痛い!」

どうやら俺のが硬すぎたようです。
濡れるまでの我慢。さらに腰を動かし続けます。

女「痛い!」

継続的に腰を動かすも、女は完全にシラけた様子。

女「今日はこれで終わりにしよう。」

女はこの近辺に住んでいるらしく、荷物をまとめて帰って行った。

宿泊のホテルに一人広い部屋で眠りについたとさ。

即ったという事実だけ残った(笑)

性的なコンプレックス

職業柄、いろんな性的な質問を受けてきました。

いろんな人がいます。
ED、小さい、でかい、早漏、遅漏。

プレイ的かつ女性の気持ちにたてば
ED、小さい、早漏が大きな問題となるでしょう。

EDだとプレイできませんし、
小さいと女性が反応しにくいし、
早漏だと女性が拍子抜けするからです。

俺はどれでもありません。
しかーし、遅漏かつデカイのも考えもんです。
女的にいいかもしれないですが。

ナンパ師が世の中に何百人、何千人いるかしりませんが、
俺は相当に性的な満足度が低い自信があります。不感症かっていうほどに。

何でナンパやってるの?
って問われれば刺激とゲーム性、あと自己成長っていったところでしょうか。
あとナンパ講師っていう職業的なプライド。

不感症を刺激でカバーしてるところがでかいかもしれません。

という感じです。それでは、また!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パックマンのナンパブログ , 2018 All Rights Reserved.